京都の平野とうふ

c0112559_9143976.jpg
c0112559_9152724.jpg 富小路から一つ東にある麸屋町通は3大老舗旅館といわれる「俵屋旅館」「炭屋旅館」「柊家」という歴史と品格のある旅館が軒を連ねています。

 ここ二条麩屋町の界隈で良質の水が出るので、周辺に麩屋、湯葉屋、豆腐屋が集まっていたため、麩屋町通りと呼ばれるようになったという説があるとか。

 その一角にある「平野とうふ」は明治時代の創業で、3大老舗旅館に豆腐を卸し続けている老舗です。初代の豆腐は北大路魯山人が、2代目の豆腐は白洲次郎にも好まれたといわれています。建物の詳細はわかりませんが、一応、創業時のものとしました。木造2階建て。

平野とうふ(平野商店)
1906(明治39)年
設計・施工 : 不明
京都市中京区姉小路通麩屋町角中白山町289
撮影 : 2014.6.4
c0112559_9154423.jpg
c0112559_9155497.jpg
 「食べログ」によると木綿豆腐がお勧めで、かなりおいしいようです。次回ここを通ったら一丁買いましょう。何しろ老舗旅館の御用達です。
by gipsypapa | 2014-11-30 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23142239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都の俵屋旅館 富小路の町屋 >>