小林衣裳店

c0112559_11531729.jpg
 キンシ正宗堀野記念館から同じ境町通を南に下るともう1軒町屋があります。小林衣裳店という看板でわかるように衣装屋です。ホームページによると創業は明治初期で創業130余年になるとか。

 通常、衣裳屋というのは、旅芸人など、プロに衣裳を提供することから始まることが多いらしいのですが、小林衣裳店は主に各流派、花街の催し(祇園の都をどり、宮川町の京おどり、上七軒の北野をどり、先斗町の鴨川をどり)などの衣装を取り扱っているそうです。木造2階建て。

小林衣裳店
明治初期
設計・施工 : 不明
京都市中京区堺町通御池上ル扇屋町662
撮影 : 2014.6.4
c0112559_11535573.jpg
c0112559_1154457.jpg

by gipsypapa | 2014-11-25 11:55 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23115370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-11-26 06:54
こういう町屋も、
地方で残っているものとは違って、
京都ならではの貫録がありますね。
Commented by gipsypapa at 2014-11-26 08:37
j-garden-hirasato さん、
そうですね。
京都らしい雰囲気です。
町屋が数多く残っていて
かなりのものが宿屋などに
有効利用されているようです。
さすがです。
<< 京料理「なかむら」 キンシ正宗堀野記念館 >>