京都の青柳邸

c0112559_8204524.jpg
 京都御苑の北西に武田五一設計の住宅建築があるので、行ってみました。

 行ってみてびっくり。なんと足場が組んであります。改修工事でしょうか。確かに建物の壁など傷みが目立ちます。

 縦長窓を並べ、道路側を八角形のベイウィンドウ風に張り出したモダンな住宅建築。工事が解体ではなく改修であることを祈ります。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

青柳邸
1922(大正11)年
設計 : 武田五一
施工 : 不明
京都市上京区観三橘町
撮影 : 2014.5.9
c0112559_8215288.jpg
 工事中なので門が開いているのはせめてものラッキーか。
c0112559_8224482.jpg
c0112559_8225695.jpg
c0112559_823786.jpg

 FC2にいい写真がありましたので借用します。 ↓
c0112559_8234349.jpg
c0112559_823533.jpg
 普段はこのように門が閉ざされているのでしょう。

 当時の京都大学工学部電気工学科の青柳栄司教授の住居で、京都における家庭電化の先駆けになった建物だと思います。ただし確証はありませんが。
 武田五一は当時は京大の建築学科教授であり、その縁で設計したのではないでしょうか。
by gipsypapa | 2014-11-13 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/23033431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都ハリストス正教会を再訪 閑院宮邸跡 >>