旧岐阜県庁舎

c0112559_7504171.jpg
 御鮨街道を出て市街地に向かいました。

 元は大正末期に3代目岐阜県庁舎として建てられました。1966(昭和41)年まで使われ、県庁が移転した後は、岐阜市を中心とする岐阜地区の出先機関、行政機関、公共団体が入居する総合庁舎でした。しかしながら耐震性が問題となり昨年(2013年)3月31日で閉庁になりました。

 建物全体は外壁は人造石洗出しのが幾何学的な意匠で構成されていて、左右対称のE型形の平面形状。中央棟には議会と階段室、左右には庁舎棟が設けられています。

 私が訪ねたときは解体工事の準備段階と思われ、中は当然見ることができませんでしたが、美しいステンドグラスがあるとか。またエントランスから中央階段室まで、天井以外、柱や壁などのほとんどが大理石張りの仕上げで、豪華な空間になっているそうです。なお大理石は当時日本一と称された矢橋大理石商店のものとあります。

 設計は岐阜県土木部営繕課ですが、庁舎建築を得意とし構造学者でもあった佐野利器(さの としかた、1880- 1956)と、やはり建築家で、矢橋大理石商店とは親戚の矢橋賢吉(やばし けんきち、1869 - 1927)が顧問として参加しています。

 建物の行く末については、本館南側の玄関ホール周辺のみを耐震補強し保存する計画だとか。ファサード表面だけではなく、ステンドグラスや大理石の中央階段まで、立体的に保存されることを希望します。岐阜県近代化遺産の鉄筋コンクリート造り、3階建て、地下1階。

岐阜総合庁舎
旧岐阜県庁舎
1924(大正13)年
設計 : 清水正善(岐阜県土木部営繕課)、佐野利器+矢橋賢吉(顧問)
施工 : 銭高組
岐阜市司町1
撮影 : 2014.5.20
c0112559_7523357.jpg

c0112559_7524490.jpg
c0112559_7525561.jpg
c0112559_753628.jpg
c0112559_753179.jpg
c0112559_7532879.jpg
c0112559_7534038.jpg
c0112559_7535065.jpg
c0112559_754285.jpg
c0112559_7541232.jpg
c0112559_7542268.jpg
 ストリートビューで見ています。

 なお、内部写真は「思いつくまま 近代歴史遺産の旅」というブログにあります。中央階段はそれほど大型ではないようです。この辺までは残して欲しいです。

 ちなみに矢橋大理石の会社は現在も大垣市赤坂町にあり、南陽倶楽部という素晴らしい洋館があります。今回の帰路に途中でJR線を乗り換えれば行くことができるので、一応そのつもりでしたが、翌日は雨。あきらめました。

 近くにもう一つの官庁建築、岐阜県教育会館(旧岐阜県教育会図書館:河村鹿市、佐藤信次郎設計、大正末期築)がありましたが、こちらはすでに解体撤去されて更地になっているのが確認できました。
by gipsypapa | 2014-10-26 07:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22892564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-27 07:00
さすがは県庁だけあって、
威厳が漂う建物です。
今は、使われていないのですか。
使おうと思えばいくらでも活用方法はあると思いますが、
耐震補強とかいろいろコストがかかるという判断でしょうか。
もったいないです。
Commented by gipsypapa at 2014-10-29 09:37
j-garden-hirasato さん、
耐震化するのは
下手すると新築より高いそうなので、
仕方がないのでしょうね。
大阪府済生会中津病院北棟
http://gipsypapa.exblog.jp/22203232/
のような保存をお願いしたいです。
<< 岐阜市の市街地を歩く 岐阜市の「そばきり すず野」 >>