料亭 水琴亭

c0112559_820018.jpg
 御鮨街道の飲食店が続きます。通りから見る塀と玄関の風情が、いかにも老舗らしい「料亭 水琴亭(すいきんてい)」。HPによると、「創業は元治元年(1864年)。明治を代表する芸術家「原三渓」の手によって昭和4年、現在の位置に移築されました。岐阜一番の老舗として多くの芸術家に愛され、現在に至ります。」とあります。

 かなり広い敷地にあるようですが、日本庭園に囲まれた部屋が四つしかなく、それぞれの部屋が、個室だそうです。高級料亭です。

料亭 水琴亭
1929(昭和4)年か?
設計・施工 : 不明
岐阜市米屋町27-2
撮影 : 2014.5.20
c0112559_8211499.jpg
c0112559_8212455.jpg
c0112559_8213443.jpg
 ↓ 水琴亭のHPにある写真を借用します。
c0112559_8241546.jpgc0112559_8242637.jpg
by gipsypapa | 2014-10-21 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22852209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-22 05:28
高級料亭ということですが、
門から玄関までは、
実にサラッとしていますね。
これも演出でしょうか。
Commented by gipsypapa at 2014-10-22 08:42
j-garden-hirasato さん、
塀と玄関までの空間はもったいないですね。
j-garden-hirasato さんだったら
枯山水かなにかの庭にしたいところでしょう。
多分、玄関の向こう側に
かなり大きな
日本庭園があるのだと思います。
<< 旧松喜仏壇店 飛騨牛グリルばくろ >>