御鮨街道を歩く

 大通りの長良橋通りから南北に通る狭い道に入ります。御鮨(おすし)街道と呼ばれる街道です。
c0112559_1054462.gif
 ネット情報では、尾張藩が毎年長良川でとれた鮎の御鮨を江戸幕府に献上していました。その際、東海道の宮宿で中継して運ばれた道なので、御鮨街道と呼ばれるようになったそうです。将軍に献上される鮎鮨は、岐阜街道から美濃路に入り、東海道を経由して運ばれましたが、御鮨街道と呼ばれたのは笠松まで。笠松では鮎鮨街道と呼んでいたとか。

 ここ岐阜街道は御鮨街道の出発点からの街道で、今なお、昔をしのばせる建物が点在していて、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれています。特に注目した建物は次回から個々に紹介するとして、今日は街道を北から南に、商家の並ぶ川原町、本町から靭屋町に入り米屋町辺りを歩きます。
撮影 : 2014.5.20



空穂屋の前の町屋
c0112559_1055273.jpg
空穂屋の前の町屋
岐阜市靱屋町13
 登録有形文化財の空穂屋の前にある大型の町屋。この街道には多くの町屋が残っていますが、ほとんどが2階建てです。この建物は1階2階ともに窓や玄関引き戸が大きいのが特徴で、腰に石材を使うなど見どころがあり、文化財級といえます。
c0112559_10554266.jpg
c0112559_10555137.jpg
c0112559_1056067.jpg


河田剣道具店
c0112559_10571023.jpg
河田剣道具店
岐阜市靱屋町33-3
 新しい建物ですがむくり屋根の玄関が面白い。

旧喫茶店
c0112559_10574323.jpg
旧喫茶店
岐阜市靱屋町25
 町屋を改造して喫茶店か美容院か何かに使っていたのでしょうが、廃墟化しています。
c0112559_10581333.jpg


野々村聴松軒
c0112559_10582998.jpg
野々村聴松軒
岐阜市靱屋町21-2
 現代建築です。茶道具や美術品全般を取り扱っている古美術店のようです。
c0112559_10592434.jpg


学志舎
c0112559_1059368.jpg
学志舎
岐阜市白木町92
 町屋が進学塾になっています。
c0112559_11012.jpg


学志舎対面の町屋
c0112559_1101768.jpg
学志舎対面の町屋
岐阜市白木町10
 そのはす向かいにも町屋。
c0112559_1105883.jpg


学志舎南隣りの町屋
c0112559_111928.jpg
学志舎南隣りの町屋
岐阜市白木町87
 南隣りにも。

白木油店
c0112559_1113819.jpg
白木油店
岐阜市白木町31
 いまも商店として使われています。
c0112559_112531.jpg


すず野の隣の町屋
c0112559_112273.jpg
すず野の隣の町屋
岐阜市白木町36
 これも典型的。

丸屋旗店
c0112559_11316.jpg
丸屋旗店
岐阜市白木町60
 旗屋というのは今となっては珍しい。隣も小さな町屋です。
c0112559_1133289.jpg


宗教法人大乗教岐山教会
c0112559_1134492.jpg
宗教法人大乗教岐山教会
岐阜市駿河山1-3 ‎
 路地の隙間から山の中腹に横長の建物が見えました。車では行けない。急な階段を上るのがしんどそうです。調べると宗教施設でした。
c0112559_1141573.jpg
c0112559_1142654.jpg
 ↑ ネットに写真がありました。自分が登ったわけではありません。

ときわ荘
c0112559_1151072.jpg
ときわ荘
岐阜市常盤町14
 いわゆる「下駄ばきアパート」(1階が商店、2階は居住区)のようにみえます。間違いなく昭和レトロです。
c0112559_115462.jpg
c0112559_116128.jpg
c0112559_1161267.jpg


コアフィール柴田
c0112559_1162460.jpg
コアフィール柴田
岐阜市笹土居町18
 緑が目立つ4階建ての現代ビル。1階に見える「みのひだ屋」はお菓子屋です。ここも上層階は居住区のようです。

 次回から鮨街道の印象的な建物を見ていきます。
by gipsypapa | 2014-10-16 11:21 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22810162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 岐阜市の空穂屋 岐阜市長良橋通りの町並み >>