名和昆虫博物館 & 昆蟲碑

c0112559_1494555.jpg
 昆虫記念館の南にあるのが名和昆虫博物館。記念館の12年後に同じ武田五一の設計で建てられました。

桟瓦葺切妻屋根の淡いグレーの煉瓦造建築です。ギリシャ神殿風のペディメントの玄関ポーチがアクセントになっています。重厚感がありますが、比較的シンプルで大人しい印象を受けます。記念館は市指定の、新しいこの博物館は国の登録有形文化財というのは不思議です。国の登録有形文化財の煉瓦造り2階建て。

名和昆虫博物館
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 不明
岐阜市大宮町2-18-1 東側
撮影 : 2014.5.20
c0112559_1412538.jpg
c0112559_1413395.jpg
c0112559_14131529.jpg
c0112559_14132743.jpg
c0112559_141338100.jpg
c0112559_14134999.jpg
c0112559_1414050.jpg
c0112559_14141080.jpg


昆蟲碑
c0112559_14151113.jpg
 昆虫記念館の西側に同じ1919年(大正8年)に名和靖の還暦を祝って建てられた昆虫供養の昆蟲碑があります。これも武田五一の設計です。

昆蟲碑
1919(大正8)年
設計 : 武田五一
施工 : 不明
c0112559_14154845.jpg

 ここを訪ねた火曜日は開館日なのを確認していました。当然、入館料500円を払って内部を見学する予定でした。ところが現実には玄関が閉まっており、「昼の休憩中」の表示。時計を見たら午後2時20分。長い昼休みやね~と友人としゃべりながら待つこと30分。開く気配も人気もありません。

 家に帰ってHPで再確認しても開館時間は10時~17時としか書いてないし、昼休みって・・・。

 今日はこのあとも行くところがたくさんあります。暗くなっては困ります。ということでここもギブアップ。責任者、出てこ~い!(笑)
by gipsypapa | 2014-10-11 14:18 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22776452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by earybird at 2014-10-11 16:36
こんにちは!
お昼休みで休憩中!!!?・・・それは驚きですね!
ベトナムハノイの「軍事博物館」がまさに
お昼休み閉館あり観光客が困ってました^^;
太郎
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-12 07:59
先の昆虫館より、
さらに重厚な造りですね。
外壁の色でもずいぶんイメージが違うものです。
なかなか岐阜に行く機会はないのですが、
行きたくなってきました。
Commented by gipsypapa at 2014-10-12 16:36
earybird さん、
後で地図を調べると
すぐ近くに昆虫研究所の事務所があるようです。
係の人はそこにいたのではないかと思います。
せめて電話番号くらい書いといてくれればねぇ。
最近、この手の経験が続きます。
厄落としが必要みたいです。
Commented by gipsypapa at 2014-10-12 16:38
j-garden-hirasato さん、
岐阜は大阪からも
長野からも行けそうで
日帰りはつらいという
中途半端な位置にありますね。
やはり鵜飼の季節がよさそうです。
<< 岐阜市の忠節用水樋門群 名和記念昆虫館 >>