香椎宮本殿

c0112559_845284.jpg
 ずいぶん昔の写真です。このブログはレトロな近代建築、特に洋風建築を訪ねて各地を巡った記録の紹介を目的としています。日本ですから、当然ですが、洋館を訪ねる行き帰りに、和風建築も目に入るわけです。純和風の旅館や住宅はこれまでも数は少ないとはいえ、取り上げてきましたが、神社仏閣は多すぎてきりがないこともあり、あまり撮影しないし、たまたま撮ってもお蔵入りにすることがほとんどでした。

 しかし、ここ1年間に日光東照宮をはじめとして、まだ紹介していませんが京都など、かなりの神社仏閣を訪ねる機会があり、段々興味がわいてきました。たまたま大宰府天満宮と光明禅寺をアップしたついでに、遅ればせながら3年前の写真を思い出しました。なにぶんそれほど気乗りがしない頃の撮影のため、まったく見どころをとらえていないです。
 
 香椎宮(かしいぐう)は福岡市東区にある神社で、旧官幣大社(官すなわち朝廷や国から幣帛乃至幣帛料を支弁される神社)で、仲哀天皇、神功皇后を主祭神とし、応神天皇、住吉大神を配祀するそうです。

 本殿は香椎造と呼ばれる様式で、神社建築としては日本で唯一無二とありますが、よくわかりません。国の重要文化財。

香椎宮本殿
1801(享和元)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
福岡市東区香椎4-16-1
撮影 : 2011.5.21
c0112559_8473999.jpg
 楼門は1903(明治36)年に再建されたもの。
c0112559_859144.jpg
 本殿。
c0112559_8594932.jpg
 狛犬。頭がないのかと思いましたが、小さいだけだそうです。
c0112559_904040.jpg
 鷲。そういえば福岡はソフトバンクホークスの本拠地です。
c0112559_905027.jpg
 拝殿までは行くことができます。
c0112559_911913.jpg
 官幣大社なので菊の御紋があります。
c0112559_91452.jpg
 神社には場違いな砲筒。1911(明治44)年に進水した標的艦「摂津」に載っていた12cm砲(40口径)です。
c0112559_925596.jpg
c0112559_93747.jpg
 武内宿祢像 。武内宿祢が応仁天皇を抱いている像。
c0112559_94132.jpg
c0112559_943577.jpg
 菖蒲(しょうぶ)池です。
c0112559_951814.jpg
 香椎宮社殿は、参拝する拝殿(はいでん)、その奥に勅使参拝の時に幣帛(へいはく)を捧げる幣殿(へいでん)、そしてその奥に本殿が築かれています。拝殿、幣殿は近くから写真が撮れるのですが、本殿は透塀(すきべい)で囲まれている為、通常は中に入れません。ウィキペディアの写真を借用します。 ↓
c0112559_9559100.jpg
 手前が拝殿、奥が本殿です。
c0112559_96338.jpg
 本殿。軒下の色鮮やかな装飾など、近くで見たいものです。
by gipsypapa | 2014-10-06 09:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22725431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-07 06:32
狛犬、狛鷲がユニークです。
神社に砲筒というのは…。
でも、奉納されたものですからねえ。
ないがしろにはできませんか。
Commented by gipsypapa at 2014-10-07 09:14
j-garden-hirasato さん、
昔の海軍が戦勝祈願かなにかで
お参りしたつながりでしょうか?
靖国神社でもそうですが
神社というのは
平和祈願という雰囲気は弱く、
戦没者の鎮魂を行う気持ちが
強いのかな?
<< 香椎宮裏の民家 神護山 光明禅寺(苔寺) >>