大宰府天満宮本殿

c0112559_91741.jpg
 大川市ではこれ以上やることがなくなり、柳川に戻って遅い昼食をいただきましたが、まだまだ夜の同窓会まで時間があります。c0112559_933848.jpg西鉄電車に乗るしかないので、途中下車して大宰府天満宮に立ち寄ることにしました。

 太宰府天満宮は菅原道真公(菅公)を祭神として祀る天満宮の一つ。自分が福岡市で生まれ育ったので、大宰府は身近な存在です。初詣はもとより、学問の神様ということから、合格祈願に何度か足を運んだ神社です。京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されています。久しぶりのお参りになりました。

大宰府天満宮本殿
桃山時代
重要文化財
設計・施工 : 不明
太宰府市宰府4丁目7番1号
撮影 : 2014.5.15
c0112559_935439.jpg
 西鉄電車の本線といえる天神大牟田線の二日市駅で太宰府線に乗り換えます。
c0112559_943474.jpg
 二つ目が終点の大宰府駅。すぐ目の前に石の鳥居があります。
c0112559_954264.jpg
 参道は土産物屋が並んでいます。名物は「梅ケ枝餅」で、子供のころはこれを食べるのが楽しみでした。
c0112559_964999.jpg
c0112559_965936.jpg
 学問の神様なので修学旅行客が多いところです。
c0112559_973085.jpg
 ギョッ!「スタバがあるとばいね。」←博多弁です。なんと隈研吾さんの設計でした。
c0112559_982073.jpg
 有名な太鼓橋を渡ります。記憶は定かではありませんが、その頃もコンクリートだったのでしょうか。
c0112559_992037.jpg
c0112559_993059.jpg
 形が「心」の字なので「心字池」といわれます。架かる橋は「太鼓橋」「平橋」「太鼓橋」の三つで、過去、現在、未来をあらわしているとか。
c0112559_9101238.jpg
 「心字池」の途中にある志賀社も国の重要文化財です。

末社志賀社本殿
室町時代中期
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_9104677.jpg
 楼門
c0112559_9111039.jpg

c0112559_9112051.jpg
c0112559_9113019.jpg
c0112559_9113935.jpg
 太宰府天満宮のシンボルは「梅」の花。
c0112559_9121079.jpg
 一番奥が本殿。
c0112559_9124440.jpg
c0112559_9125769.jpg
c0112559_9131134.jpg
 狛犬はつぶらな瞳で、なんか変。
c0112559_914752.jpg
c0112559_9141765.jpg
c0112559_9142644.jpg
c0112559_9143714.jpg
c0112559_9144750.jpg
c0112559_9145618.jpg

by gipsypapa | 2014-10-03 09:20 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22706757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-10-04 14:03
昔、訪れているはずなんですが、
こんな感じでしたかねえ。
記憶にありません。
本殿前の景色は覚えているような、
いないような…。
だから、ご利益がないんでしょう。
Commented by gipsypapa at 2014-10-05 20:06
j-garden-hirasato さん、
風景的には全く変わっていないはずです、
例外は参道のスタバです。
御利益については
自分も理想的ではありませんでした。(笑)
<< 神護山 光明禅寺(苔寺) 三潴銀行記念館 >>