御花 西洋館

c0112559_9181824.jpg
 瓦屋根の和風建築が立ち並ぶ街並みにひときわ目を引く白亜の洋館。有名な料亭旅館で、文化財でもある御花。念願が叶い初めて泊まりました。柳川を代表する観光スポットで、柳川名物「うなぎのセイロ蒸し」をはじめとする有明海の珍味を本格会席料理として、宿泊客以外でも楽しむことができます。

 御花は、この西洋館以外に、さらに古い「和館」、宿泊棟である鉄筋4階建ての「松濤館」、観光客用の鉄筋2階建て食事処「対月館」と資料館である「殿の倉」からなっています。

 柳川藩主の立花家が元禄時代に御花畠といわれたこの地に別荘を建てて以来、柳川の人々が御花と呼んだそうです。明治5年に柳川城が焼失して以来、御花は立花家の本宅として使用されました。現在の洋館と和館は第14代目当主の立花寛治(ともはる)公の時代に普請されたものです。

 外観はフレンチ・ルネッサンス様式で、中央上部のペディメントや窓・柱頭などの細部意匠に、その影響が見られます。玄関ホールには3連アーチで柱はイオニア式木柱と凝った意匠で、内部も2階の謁見室は暖炉周りや天井の漆喰も丁寧な造作がなされています。

 設計者は河上建築事務所の「旧立花家住宅の概要と沿革」というネット情報、および「日本近代建築大全」という本で「福岡県技手を務めていた西原吉次郎である。工事中に愛知県に移動になったため、同じ県庁で働いていた亀田丈平が後を引き受けた。」とあり、これらのデータを採用しました。しかし他にネット情報では設計が亀田共次郎、施工は中島文吉というのもいくつかあります。文化財指定がされていないのが不思議な木造2階建て。

御花 西洋館
旧柳川藩主立花伯爵邸
1910(明治43)年
設計 : 西原吉次郎、亀田丈平、亀田友次郎
施工 : 讃井傳吉、久富元一、江頭徳次郎
柳川市新外町1
撮影 : 2014.5.14 & 15
c0112559_924324.gif
c0112559_9252552.jpg
 出迎える門と門番詰所(守衛所)及び煉瓦塀も同時期の竣工で、見応えがあります。
c0112559_9264814.jpg
c0112559_9265780.jpg
c0112559_9271087.jpg
c0112559_9272131.jpg
c0112559_9273128.jpg
c0112559_9274020.jpg
c0112559_9275158.jpg
c0112559_928024.jpg
 守衛所にはブライダルサロンとあります。結婚式の時に利用されるようです。
c0112559_9284543.jpg
c0112559_9285651.jpg
c0112559_9293025.jpg
c0112559_9294431.jpg
c0112559_9295430.jpg
c0112559_930887.jpg
 10本の円柱で支えられた車寄せがある玄関ポーチ。上部はベランダではなく喫烟(煙)室です。
c0112559_930449.jpg
c0112559_9305464.jpg
 玄関ホールには3連アーチ。柱はイオニア式木柱で、アーチ頂部にキーストーンの装飾があります。
c0112559_9323440.jpg
c0112559_932469.jpg
c0112559_932562.jpg
c0112559_933531.jpg
c0112559_9332429.jpg
c0112559_9334372.jpg
c0112559_9335865.jpg
c0112559_9341018.jpg
c0112559_9343436.jpg
c0112559_935157.jpg
c0112559_9351539.jpg
c0112559_9352588.jpg
c0112559_9353442.jpg
c0112559_935444.jpg
c0112559_9355497.jpg
c0112559_936529.jpg
 玄関ポーチの張り出し部は附属する喫烟(煙)室になっています。
c0112559_9382587.jpg
c0112559_9383746.jpg
 西洋館2階の広間「謁見室」。
c0112559_939422.jpg
c0112559_9395239.jpg
c0112559_940665.jpg
 漆喰仕事が見事なランプ懸け。巨大な蝶のようです。
c0112559_941038.jpg
c0112559_94197.jpg
c0112559_9411843.jpg
c0112559_9413198.jpg
c0112559_9414117.jpg
c0112559_941504.jpg
c0112559_9415934.jpg
c0112559_942927.jpg

by gipsypapa | 2014-09-17 09:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22615002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-09-18 06:47
鴨にあふれた松寿園の記憶はあるのですが、
この洋館は全く憶えていません…。
当時、あまり興味がなかったのでしょうか。
今なら、
そんなことはないんですが…。
Commented by gipsypapa at 2014-09-18 09:15
j-garden-hirasato さん、
鴨・・・・
今日、松濤園の写真をアップしていますが
一羽もいませんでした。
季節が関係しているんでしょうね。
それにしても20年前(?)から
興味の中心は庭園なのですね。(^^)
<< 御花 和館 柳川の寺社 >>