あさば旅館

c0112559_11113536.jpg
 修善寺温泉で最も有名な旅館のひとつ「あさば」です。c0112559_1110260.jpg浅羽安右衛門の創業したのが1675(延宝3)年。前身の温泉宿も含めれば520年を超える日本最古の老舗旅館で、旅行雑誌や建築関係の本にも取り上げられることが多い、有数の高級旅館といえます。

 敷地内には広大な池があります。桂川から水を引き込み、下流へと流して水の滞留を防ぐと共に、この池を枯らしてはいけないという、数百年にわたる代々の伝えを、今も守り続けているとか。

 「あさば」で最も有名なのは池に面した能舞台「月桂殿」。明治後期に東京深川の富岡八幡宮から一旦浅羽家の別荘に移設され、その後1931(昭和6)年にこの池を望む本館に移されたそうです。入口の門もこの明治後期に一緒に移設されました。

 移設された能舞台は加賀の前田利鬯(まえだ としか)子爵(1841-1920)が富岡八幡宮に寄進したといわれるので、明治中期の築ではないかと思います。門の東京時代の築年は不明ですが、少なくとも明治中期以前のものでしょう。敷地には客室棟が並び立っていますが、これらは新しいように見えます。最近は結婚式場としても利用されています。

あさば旅館
1952(昭和27)年 / 1998年(平成10)年改築
設計・施工 : 不明
伊豆市修善寺3450-1
撮影 : 2014.4.22
c0112559_11125860.jpg
 富岡八幡宮から移設された門。
c0112559_11133786.jpg
c0112559_1114599.jpg
c0112559_1114141.jpg
c0112559_11142521.jpg
c0112559_11143574.jpg
c0112559_11144582.jpg
 むくり屋根の玄関が見えます。暖簾の向こうに太陽と月の明かりとりの窓があるはずなんですが・・・
c0112559_1115174.jpg
c0112559_11152734.jpg
 道路沿いに延々と客室棟が並んでいます。
c0112559_11155739.jpg
c0112559_11167100.jpg
 宿泊客じゃないので奥にある能舞台は見ることができません。それでも見たいので検索して「hmmm なるほどなぁと思った事」というブログ(でしょうか?)を見たら、美しい写真がいっぱい。そのうちの2枚を借用しました。 ↓
c0112559_11171456.jpg
c0112559_11172462.jpg

by gipsypapa | 2014-09-11 11:19 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22576186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-09-12 06:46
これは立派な旅館です。
とても旅館には見えませんね。
一般庶民は、
とても泊まれないでしょう。
Commented by gipsypapa at 2014-09-12 09:01
j-garden-hirasato さん、
はい、
ここはかなり高級なお値段みたいです。(笑)
それでも成り立っているわけで
リッチな人がいますねぇ。
Commented by 山葉 at 2015-09-29 08:48 x
月経殿ではなく、月桂殿です。
<< 修善寺の朴念仁 湯の宿 花小道 >>