湯の宿 花小道

c0112559_10181729.jpg
 修善寺温泉には歴史のある旅館があり、魅力的な温泉街を形成しています。それらのいくつかを順次紹介します。

 桂川の独鈷の湯の対岸に、あった「仲田屋旅館」という、明治10年創業の木造三階建ての老舗があり、江戸川乱歩などの文人や画人に愛された昔ながらの名旅館でした。しかし、時代の流れに追いついていけなかったのか、廃業してしまいました。

 それを、地元の桂川(旅館)が買い取り、内部の大規模な改修を行い、温泉片泊まりの宿として、2004(平成16)年に再スタートしたのが「湯の宿 花小道」です。ちなみに「片泊まり」というのは、「夕食なし、朝食だけ」というスタイルのことです。

 建物は「仲田屋」時代の昭和10年に一度改修されていて、さらに「花小道」にリニューアルする際にも改修されています。今も外部の改修工事中のようで、足場が組まれていました。木造3階建て。

湯の宿 花小道
旧仲田屋旅館
1924(大正13)年 / 1998(平成10)年改修
設計・施工 : 不明
伊豆市修善寺3465-1
撮影 : 2014.4.22&23
c0112559_10211818.jpg
 桂川に面した客室棟は、存在感のある3階建て。足場が組まれて改修中でした。
c0112559_1022219.jpg
 玄関は川の反対側にあります。こちらは新しい棟のようで和風の2階建て。
c0112559_10224595.jpg

c0112559_10231780.jpg
 玄関の西横は「そば処 四季紙」として営業しています。
c0112559_10241131.jpg
c0112559_10242030.jpg
 HPにあった客室の写真。 ↓ 洋風の部屋です。最近は古い木造の宿でも内部をベッドがある洋風に改造しているところが増えました。
c0112559_1027677.jpg

by gipsypapa | 2014-09-10 10:28 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22571054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-09-12 06:47
こういうリニューアル、
その場の雰囲気を壊さず、
いいことですね。
Commented by gipsypapa at 2014-09-12 08:59
j-garden-hirasato さん、
木造の宿で
部屋はベッドというのは
いいですね。
夕食を食べに食堂に行っている間に
布団を敷く、
という純和風の宿のスタイルは
そんなに気持がいいものではないです。
宿もベッドより力仕事なので
人件費がかさみそうです。
Commented by はなまる at 2015-04-25 10:56 x
小学生の夏休み

家族で2年連続で仲田屋に泊まりました

卓球やったり桂川で朝食のかまぼこ餌にヤマベを釣りました

良い思い出です
Commented by gipsypapa at 2015-04-25 12:10
はなまるさん、
修善寺にはこういう高級旅館が多いですね。
最近内装を現代的に回収しています。
卓球台が今もあるかどうか・・・(笑)
<< あさば旅館 湯回廊 菊屋 >>