修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂

c0112559_841829.jpg
 温泉地なので和風建築が立ち並ぶ街並みですが、唯一の洋風建築があります。ロシア・ビザンチン様式のギリシャ正教会に共通する外観で、京都ハリストス正教会聖堂(1903年、松室重光設計)を手本として、モイセイ河村伊蔵(もいせい かわむら いぞう、1860 - 1940)が設計した、初期の本格的なハリストス教会建築です。

 その後、翌年に豊橋ハリストス正教会聖堂(1913年)、函館ハリストス正教会復活聖堂(1916年)と続いて完成させますが、それらが重要文化財に指定されているのに対して、最も古いこの修善寺ハリストス正教会が県の有形文化財に甘んじているのは納得がいかない気がします。

 ハリストス正教会の聖堂は必ず東向きに建てられるため、正面は西側を向いています。建物は木造漆喰塗りの壁で、棟の西端には高さ18mの鐘塔と尖塔がり、豊橋の聖堂と似た印象を受ける、美しい建造物です。

 特に軒下を支える持ち送りにある葡萄(ぶどう)のレリーフは見どころで、松崎編で紹介した鏝絵の入江長八の弟子達の作だそうです。

 内部の聖所にはイコン画家として知られる山下りんの十字架の聖像があるそうですが、残念ながら内部は非公開です。静岡県指定有形文化財の木造平屋建て。

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂
1912(大正元)年
静岡県指定有形文化財
設計 : 河村伊蔵
施工 : 不明
伊豆市修善寺861
撮影 : 2014.4.22
c0112559_8444876.jpg
c0112559_845358.jpg
c0112559_8451432.jpg
c0112559_8452339.jpg
c0112559_8453482.jpg
c0112559_8454557.jpg
c0112559_8455487.jpg
c0112559_846357.jpg
c0112559_8461186.jpg
 持ち送りにある葡萄のレリーフは鏝絵です。
c0112559_8464514.jpg
c0112559_8465973.jpg
 この日は曇り空で、かつ木々の葉が茂っている季節のためでしょうか、写真写りが良くないです。
by gipsypapa | 2014-09-05 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22549991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-09-07 06:43
静岡県の文化財担当者が、
謙虚なんでしょうか(笑)。
修善寺に
こんな素敵な教会があるとは知りませんでした。
Commented by gipsypapa at 2014-09-07 09:02
j-garden-hirasato さん、
ハリストスの教会堂としては
古いほうなのですが
意外に知られていないようです。
よくわかりませんが
不定期にでも礼拝がおこなわれるのか・・・
なんとなく閉まりっぱなしのような
雰囲気でした。
<< 修善寺の大和堂医院 指月殿 >>