松崎町のなまこ壁住宅(その2)

c0112559_8255997.jpg
 

 中瀬邸の西に、道路を挟んで隣接する、なまこ壁の建物。これも明治の商家で、昭和の中頃まで回船問屋として営業していた駿河屋だった建物です。
c0112559_827865.jpg
 大きめの蔵や店舗が3棟並んだ、大規模な商家。やはり地元の豪商だったのでしょう。現在は単なる住居のようですが、人の気配は感じませんでした。

 店舗の軒下に明治の名残でしょう、「電話 一〇七番」という札が貼ってあります。3棟、いずれも木造平屋建て。

旧駿河屋
明治後期
設計・施工 : 不明
静岡県賀茂郡松崎町松崎299-1
撮影 : 2014.4.21
c0112559_8274573.jpg
c0112559_8275799.jpg
c0112559_828610.jpg
c0112559_8281513.jpg
c0112559_8282466.jpg

c0112559_8351547.jpg
 ここが店舗だったようです。船の模型が見えたりするのも回船問屋の名残でしょうか。関係ないかな・・・・
c0112559_8293170.jpg

by gipsypapa | 2014-08-18 08:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22488402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-08-21 21:21
壁という壁が、
ナマコ壁。
ここまでくると、
違和感なく、見れます。
Commented by gipsypapa at 2014-08-22 09:27
j-garden-hirasato さん、
まだまだあるのです。(笑)
その割に、
大事な建物を
1棟見逃しているのが
今頃わかりました。
<< 松崎町「ときわ大橋」の袂にある洋館 松崎町の橋 >>