松崎町のなまこ壁住宅(その1)

c0112559_8485451.jpg
 松崎に着いて伊豆まつざき荘へチェックイン。下田を出たころから、あいにくの雨模様でしたが、明日は昼前に出発しなければなりません。とにかくお目当ての建物を見に歩くことにしました。

 ホテルを出て、目的地のある街並みは南にあります。角を曲がってまず目についたのが、この住宅。前回のツアー旅行で気づいていましたが、伊豆半島、特に下田近辺はなまこ壁が多いのです。

 ウィキペディアによると、なまこ壁とは「壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地(継ぎ目)に漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗る工法。その目地がナマコに似ていることから呼ばれた。防火、防水などの目的を持つ。」とあり、さらになまこ壁のある街並みとして、

静岡県松崎町、下田市
岡山県倉敷市(倉敷美観地区)
広島県東広島市(酒蔵通り)
山口県萩市(菊屋横丁)
福岡県うきは市(吉井町「蔵しっく通り」)

 の5か所(松崎町と下田市を一つに数えています)が上がっていました。なるほど。個人的に見たことがあるのは倉敷だけでした。ということで、これからも松崎の多くのなまこ壁が出てきます。必ずしもデザイン的に魅力があるわけではありませんが、お付き合いください。

 この住宅は倉敷で見たものとは、かなり違っています。普通、壁の上部は白い漆喰で、その下になまこ壁を配するのですが、これは妻面全体、というか屋根の縁取りまでなまこ壁というのは初めて見ました。ところが、そのあと松崎には同じような家屋があるのがわかりました。木造平屋建て。

松崎町のなまこ壁住宅(その1)
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
賀茂郡松崎町江奈213-1
撮影 : 2014.4.21
c0112559_850596.jpg
c0112559_850159.jpg
c0112559_8502537.jpg

by gipsypapa | 2014-08-12 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22459554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-08-13 06:22
思い出しました。
松崎といえば、「ナマコ壁」。
こんな感じですか。
土蔵ではよく見ますが、
一般住宅ではあまり見られませんね。
あと、
屋根の色を規制していたような記憶が…。
Commented by gipsypapa at 2014-08-13 08:31
j-garden-hirasato さん、
そうなんですよ。
松崎は「なまこ壁」です。
明治の建物が残っています。
屋根の色?
気づきませんでした。
確かに黒しか見ませんでしたが・・・
<< 松崎町の関理容 熱海から松崎へ >>