日本ジャンボー 熱海Jプロジェクト21

c0112559_8443032.jpg
 今日は番外編です。

 泊まったホテルの目の前にある不思議な風景。最初は何かわかりませんでした。崖にへばりつくような、遺跡?とも思う変な構造物。

c0112559_8452084.jpg
 よく見ると建てかけの建物のように見えます。調べると「日本ジャンボー」という会社が「熱海Jプロジェクト21」として、地上42階建て、地下4階。約100戸の高層マンションと店舗・飲食店を低層階に併設し、観光客・市民のためのスペースを設ける計画だったとか。

 総工費120億円で、設計は前川建設事務所、施工は竹中工務店という超一流を起用。2006(平成18)年5月に着工し、3年の工期を予定していましたが、リーマン・ショック後の不況により計画は白紙に戻され、建設途中のままで、7年以上放置されているようです。仮設矢板で囲まれた崖に、色あせたコンクリート、錆びた鉄骨とそのままの足場など、これぞ廃墟です。

日本ジャンボー 熱海Jプロジェクト21
2006(平成18)年起工
設計 : 前川建設事務所
施工 : 竹中工務店
熱海市東海岸町68-2外
撮影 : 2014.4.20 & 21
c0112559_8453944.jpg
c0112559_8455012.jpg
c0112559_846070.jpg
c0112559_8461847.jpg
 ところで、日本ジャンボーという会社のHPは存在します。それによると、事業内容は

(1)総合写真業
主としてアマチュア写真分野を対象に、写真の現像・焼付・引伸(D.E.P)、フィルム・写真用品等をチェーン店(取次店)ならびに直営店を経由し、ルートセールスによる日配方式の販売(加工サービス)をいたしております。

 へえ、写真業か~。ところがHPにはグループ会社として、静岡や神奈川に、かなり有名なホテルや旅館を4軒保有している(いた?)ので、写真業とはいえ、こういう事業を始めたのは不思議ではありません。

 ちなみに冒頭に書いたように、泊まったホテルの目の前にこの廃墟があるわけですが、その泊まったホテルも日本ジャンボーのグループでした。(^^;;

 ただ、HP上の決算報告は2008年上期までしか掲載されてないので、会社として現存しているのかどうか?

 熱海を象徴する海岸通りの一等地の風景としてはふさわしくないにも関わらず、撤去する費用を出すところがないのでしょうか・・・
by gipsypapa | 2014-08-05 08:50 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22436171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-08-08 06:44
これはこれで、
おもしろい物件ですが、
当事者は大変ですね。
Commented by gipsypapa at 2014-08-08 08:44
j-garden-hirasato さん、
少なくとも土地の所有者は
固定資産税を払っているんでしょうが、
撤去費用を出すほどの
巨額な資産がないのかな?
<< 熱海を散策 熱海の近代建築 >>