旧木子七郎邸

c0112559_13482944.jpg
 谷町6丁目か長堀通を横切って北上すると。木子七郎の旧邸があることを「ひろの東本西走!?」で知り行ってみました。

 木子 七郎(きご しちろう1884 - 1955)といえば、このブログでも萬翠荘石崎汽船本社愛媛県庁舎関西日仏学館旧夕陽丘高等女学校清香会館北堀江病院を紹介していますが、大阪を拠点に、多くの公共建築などの設計を手がけたので、大阪に自宅があったのは不思議ではありません。

 とはいえ、一連の作品群は、様式主義からモダニズムへ移行する時代を反映した、どちらかといえば、硬いイメージですが、この住宅は彼にとっては数少ないスパニッシュ風の洋館で、旧新田邸(現・松山大学温山記念会館)と共通点があります。

 敷地の西南をモルタルをコテで粗く仕上げた塀が囲み、南に正門、西に小さな通用門があります。正門の両脇には金色の狛犬(?)がにらみを利かせていますが、これも古いのでしょうか。建物は高い塀と鉄格子の向こうにある目隠しでよく見えないのが残念。多分、自家設計でしょうが、現時点では確証がありません。木造2階建て。

旧木子七郎邸
大正期
設計 : 木子七郎か
施工 : 不明
大阪市中央区十二軒町
撮影 : 2014.4.26
c0112559_13534879.jpg
c0112559_13535919.jpg
c0112559_1354943.jpg
c0112559_13541936.jpg
 多少違和感を感じる正門に・・・
c0112559_1355519.jpg
 黄金の狛犬?虎?
c0112559_1356278.jpg
c0112559_13561343.jpg
c0112559_13562397.jpg
c0112559_13563232.jpg
c0112559_13564138.jpg
c0112559_13565144.jpg

by gipsypapa | 2014-07-21 13:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22385822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-07-22 06:40
建物本体はよく分かりませんが、
門、くぐり戸だけでも、
ただものではないと感じさせますね。
門番の阿吽の金の?(何これ?)も、
当時のものでしょうか。
台座が門と一体ですね。
Commented by gipsypapa at 2014-07-22 10:38
j-garden-hirasato さん、
門が昔から変わっていないのかは
同じく疑問でした。
全然わかりませんが
狛犬?の金色が鮮やかすぎるので
新しいかもしれません。
ただペンキは塗り替えられるしな~。
<< 旧木子七郎邸の隣の建物 谷町六丁目の町屋 >>