大阪の橋~天神橋

c0112559_9453396.jpg
 読売文化センターに行くため地下鉄で天満橋駅へ行きました。帰りに大川(淀川の支流で中之島を流れる)沿いを梅田に向かって西へ歩きました。たまたまこの日は造幣局の桜の通り抜けの初日。天満橋は人の行列でした。

 天神橋は難波橋、天満橋と共に浪華三大橋と称され、全長が一番長く、3つの真ん中に位置します。最初に架けられたのは豊臣秀吉の時代で、その後、何度も架けかえられ、昭和初期に現在の3連アーチになりました。なお、鋼構造を請け負った大阪鉄工所は今の日立造船、汽車製造は川崎重工業です。鉄筋コンクリートアーチ、上路鋼アーチ橋。

天神橋
1934(昭和9)年
設計 : 川上暢夫
製作・施工 : 大阪鉄工所+汽車製造+ 大林組
大阪市北区天神橋1~京橋3
撮影 : 2014.4.11
c0112559_9463496.jpg
c0112559_9464413.jpg
c0112559_9465475.jpg
c0112559_94746.jpg
c0112559_9471347.jpg
c0112559_9472225.jpg
 前に紹介したルポンドシエルビル(旧大林組本社ビル)を裏から見ることができました。
c0112559_9483460.jpg
c0112559_949163.jpg
 ちなみに天満橋は現代的な橋に架けかえられていて、特に見るべきものはありません。造幣局の通り抜けに向かう人の長い列が見えます。

 ちなみに大川に架かるレトロな橋は、すでに淀屋橋大江橋堂島大橋桜宮橋難波橋水晶橋錦橋をアップしています。それぞれが個性的なデザインです。ご覧ください。
by gipsypapa | 2014-07-10 09:54 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22347201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フジハラビル(アートギャラリー... 大阪市の中央区を南へ >>