神戸塩屋の旧後藤邸

c0112559_103643100.jpg
 南端の崖の上に建っているので、電車からよく見える印象的な洋館。鋭角的な片流れを葺き下ろした切妻屋根が特徴的。スレート葺きの屋根の真っ赤な縁取りが目を引きます。横にある白い蔵も古そうです。木造2階建て。

旧後藤家住宅
大正中期
ひょうごの近代住宅100選
設計 : 設楽建築事務所
施工 : 田中仙吉
神戸市垂水区塩屋町3-1-3
撮影 : 2014.3.16
c0112559_10404152.jpg
c0112559_10405288.jpg
c0112559_104131.jpg
c0112559_10411796.jpg
 左はYK邸。これまで紹介した3軒の住宅は、車では行けません。やっと人が通れる細道を上って行くしかないです。下界に車庫を借りるしかなさそうですね。
by gipsypapa | 2014-06-14 10:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22232765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-06-16 05:41
この色使い、
お洒落ですね。
Commented by gipsypapa at 2014-06-16 14:01
j-garden-hirasato さん、
屋根は天然スレート葺きみたいです。
縁取りの赤色はなんでしょうね。
<< 旧グッゲンハイム邸 神戸塩屋のYK邸 >>