東京銀座の教文館ビル

c0112559_8124146.jpg
 和光の近くにアントニン・レーモンドが昭和初期に設計したオフィスビルがあるのを知り、行ってみました。ある程度予想はしていましたが、周囲のビル群と違和感がない現代的なビルで、看板がないと区別がつかないでしょう。

 外観はコンクリートの大梁を表面に露出したモダニズム建築ながら、ごつさも感じるデザインです。ネット情報では

「アール・デコ様式の建築で、完成当時は銀座通り側に塔屋があり、銀座界隈で目立つ建物であったという(塔は既に撤去)。当時のアール・デコの意匠の内装は、現在もエレベーターホールの壁面装飾などに残る。松屋通り側の入り口中央にある回転扉は、現存する銀座で最古の回転扉とされる(使用はされていない)。」

 とのことです。残念ながら、中に入らなかったので、未確認です。

 設計はチェコ出身で、フランク・ロイド・ライトのもとで学び、帝国ホテル建設の際に来日。その後も日本に留まり、モダニズム建築の作品を数多く残して、日本人建築家に大きな影響を与えたといわれる、アントニン・レーモンド(Antonin Raymond, 1888 - 1976)。すでにエリスマン邸フェリス女学院10号館聖パウロカトリック教会安川電機本社聖オルバン教会聖ラファエル教会を紹介しています。鉄筋コンクリート造り、地上9階建、地下2階。

教文館ビル
1933(昭和8)年
設計 : A.レーモンド
施工 : 清水組
東京都中央区銀座4-5-1
撮影 : 2013.12.8
c0112559_8171885.jpg
c0112559_8172982.jpg
c0112559_8173852.jpg
c0112559_8174833.jpg
c0112559_8175857.jpg
c0112559_818648.jpg
c0112559_8181587.jpg
c0112559_8182341.jpg

by gipsypapa | 2014-05-20 08:19 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22140192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 近代建築写真室@東京 at 2014-05-31 07:20
タイトル : 東京銀座の教文館・聖書館ビル
◆教文館・聖書館ビル   ◎設計:アントニン・レーモンド   ◎施工:清水組   ◎竣工:昭和8(1933)年   ◎構造:鉄骨鉄筋コンクリート造8階建て   ◎所在地:東京都中央区銀座4-5-1  先日、別ブログで銀座4丁目の和光本館・旧服部時計店(昭和7年築)を紹介させていただきましたが、そのすぐそばにあるのが教文館ビルです。一見した限りでは築30~40年の建物に見えますが、竣工は和光本館の竣工の翌年にあたる昭和8年で、その頃の外観は直線を強調したアールデコ風の洒落たものだった...... more
Commented by sy-f_ha-ys at 2014-05-20 22:29
外観は昭和40年代に建てられたものにも見えますが、
中のエレベーターホールの壁上の装飾は、とても素敵です。
銀座に再度訪れる機会があれば、是非中をご覧になって下さい。

それとレーモンドの脱線話になってしまいますが、
新居から自転車で15分の場所にある、立教大学新座キャンパスのチャペルも、
レーモンドの作品で、とても素敵ですよ。
近所を移動していると、チャペルの搭屋がよく見えます。
近々撮影しに行ってみます。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-05-21 06:35
昭和初期のビルには見えませんね。
銀座のレトロ探訪をしたことがありますが、
ここは、全くノーマークでした。
Commented by gipsypapa at 2014-05-21 16:27
sy-f_ha-ys さん、
このときはなんとなくビルには
入りにくい雰囲気を感じて外からだけでした。
やはり中が見ものか・・・・
立教大学新座キャンパスのチャペルは知りませんでした。
立教といえばガーディナーじゃないの?
と思ったら新しいのですね。
一度見せてください。
Commented by gipsypapa at 2014-05-21 16:31
j-garden-hirasato さん、
ネットサーフィンで引っ掛かったので
リストに入れていました。
ただ詳しい情報を調べてなかったので
中に入らなかったのが
残念です。
<< 銀座シネパトス1・2・3(三原... 銀座和光本館 >>