新宮市の旧チャップマン邸

c0112559_932894.jpg
 西村記念館の近くにもう1軒、西村伊作が設計した住宅があります。西村が自邸を建てた後に、親しく交流したアメリカ人宣教師のチャップマンの住宅として自宅のすぐ近くに建てたものです。戦後の一時期に旅館として利用されたとかで、その頃に増築されているそうです。

 青緑色のスペイン瓦にドーマー窓。モルタル吹き付けの壁の洋館。見どころは正面左奥に見える玄関部で、アーチ型のポーチは西村伊作らしいセンスの良さを感じます。

 建物は長く空き家になっており、老朽化で傷みが激しく、家主が個人で維持管理していくことが困難と判断。最近、手放すことを決断して、現在は市内の不動産店が管理しているそうです。解体の危機にあることから、「西村記念館を守り伝える会」による保存活動や陳情が行われています。すぐそばなので、西村記念館とペアで一般開放できるようになれば、理想的ですね。木造2階建て。

旧チャプマン邸
1926(大正15)年
設計 : 西村伊作
施工 : 不明
新宮市新宮7678
撮影 : 2013.11.26
c0112559_942959.jpg
c0112559_943815.jpg

c0112559_95144.jpg
c0112559_952574.jpg
 正面部分は特徴のない住宅に見えます。旅館の時代に大きく増築されたそうです。屋根が緑のスペイン瓦ではありません。
c0112559_975753.jpg
 道路側は石垣。祠のようなものがあります。
c0112559_983153.jpg
 奥に見える玄関部。
c0112559_992265.jpg
c0112559_994051.jpg
 想像するに、1枚目の青緑の屋根の部分が西村伊作が設計した、オリジナルの部分でしょう。
by gipsypapa | 2014-05-09 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/22098894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-05-10 07:07
何とか保存してもらいたいものです。
でも、建物の傷みが激しいですね。
公開するには、
かなり手を入れないと…。
Commented by gipsypapa at 2014-05-11 08:12
j-garden-hirasato さん、
そうですね。
保存運動を盛り上げて
募金を集めるとかしても
難しいかもしれません。
やはり行政の支援が必須でしょう。
Commented by とおりすがり at 2016-04-09 16:23 x
偶然、この家の所有者の娘さんのブログを見つけました。
そこには『晴れてこの洋館は市が買い取ってくれ、1~2年かけて改修され将来は市の観光コースの一つとして組み入れられることになったのでした。』(2015-08-06 のブログ記事より抜粋)と書いてあります。
ブログ「アメリカンライフを満喫するぞ!」の「不思議な縁」という記事です。
ブログの2015-08-08 の「時のすぎゆくままに」という記事には内部の写真も収められていますのでご覧になられては?
Commented by gipsypapa at 2016-04-10 19:24
とおりすがりさん
見に行こうと努力しましたが行きつけませんでした。
URLのアドレスがないと難しいです。
Commented by FF at 2016-04-10 23:57 x
http://ameblo.jp/fawnmeadow/entry-12058364448.html
このブログかと思います。
Commented by とおりすがり at 2016-04-16 22:58 x
わかりました~
では、内部の写真がおさめられている「時のすぎゆくままに」
という記事のアドレスをURL欄に入れますね(^u^)
Commented by gipsypapa at 2016-04-17 19:32
とおりすがりさん、
見ました!
期待通りの洋館です。
FFさんから有効利用されるとか。
西村記念館とペアで観光拠点としたら
いいと思います。
<< 新宮市を歩く 新宮市の西村記念館 >>