箱根のカフェ・ド・モトナミ(Café de Motonami)

c0112559_8362778.jpg
 富士屋ホテルの坂を下りたら目の前に見えるカフェ。富士屋ホテルのバス停で待合所だった建物です。

c0112559_845627.jpg 富士屋ホテルは1914(大正3)年に送迎のため車を購入し、「富士屋自動車株式会社」へ発展、沼津-三島~-箱根宮ノ下間の乗合自動車の運行を始めたとのこと。したがってこの待合所は、多くのネット情報で、バス会社創業以降の築として、大正3年以降といわれています。いずれにしろ大正初期の建物です。

 現在はカフェになっていて明るい色の目立った外観です。正面は道路のカーブに添って3面を見せ、白い縁取りの窓など洋風のファサードですが、屋根は瓦葺きに千鳥破風を載せるなど和風になっています。背面は細い溝沿いに切り取ったような特殊な形状です。木造2階建て。

カフェ・ド・モトナミ(Café de Motonami)
旧富士屋ホテル車待合所
1914(大正3)年以降
設計・施工 : 不明
足柄下郡箱根町宮の下366
撮影 : 2013.10.10
c0112559_8383623.jpg
c0112559_8384897.jpg
c0112559_8385730.jpg
c0112559_839637.jpg
c0112559_8391477.jpg
c0112559_8392483.jpg
c0112559_8393251.jpg
c0112559_8394235.jpg
 トヨタ博物館ブログから借用した、芦ノ湖を背景にした富士屋自働車バスと、当時の「宮ノ下」待合所の光景。 ↓

c0112559_8403937.jpgc0112559_8405196.jpg
by gipsypapa | 2014-04-01 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21927667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-04-04 05:05
実にユニークな形状です。
自由な発想で建てられています。
大正という時代が分かるような気がします。
Commented by gipsypapa at 2014-04-04 11:26
j-garden-hirasato さん、
場所的にホテルの目の前に
停留所を建てるのは自然です。
ただ道がカーブしていて
仕方なく、こういう風になりました。(笑)
<< 箱根光喜號 箱根富士屋ホテル菊華荘 >>