箱根富士屋ホテル菊華荘

c0112559_8215280.jpg
 一連のホテルの建物群とは異なる雰囲気の別館「菊華荘」が国道1号線を挟んだ北側にあります。皇室の宮ノ下御用邸として建てられた歴史ある建物です。落ち着いた佇まいの数奇屋風書院造りの純日本建築と庭園をそのままの形で残しています。ネット情報によると大風呂は総檜造りで温泉は敷地内源泉より引かれており、客室は3室のみだそうです。

c0112559_82381.jpg 設計は宮内省内匠寮で、担当の一人の木子清敬(きこ きよよし1845- 1907)は皇室関係の造営工事で活躍した建築家で、木子幸三郎、木子七郎の父親です。国の登録有形文化財と近代化産業遺産の木造平屋建て。

箱根富士屋ホテル菊華荘
旧宮ノ下御用邸
1895(明治28)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計 : 木子清敬、手中千代太郎,広川兼次郎(宮内省内匠寮)
施工 : 河原徳次郎
足柄下郡箱根町宮の下359
撮影 : 2013.10.10
c0112559_825422.jpg
c0112559_8251615.jpg
c0112559_8252714.jpg
c0112559_8254016.jpgc0112559_8255364.jpg













早朝に散歩がてらに訪ねましたが、中を見ることができませんでした。富士屋ホテルのHPから写真を借用します。
c0112559_829122.jpg
 ホテルの敷地内には、他にも無名ながら、見どころがありました。
c0112559_830030.jpg
 カスケードルーム(1920年築)というバンケットルームにつながる建物が一部見えています。この奥にあるのですが、アプローチは館内からしかできないようです。
c0112559_8304141.jpg
c0112559_8305114.jpg
c0112559_831262.jpg
 建物裏側の傾斜地を登ると、一帯は庭園です。
c0112559_832570.jpg
 滝があれば・・・
c0112559_832384.jpg
 温室も。
c0112559_8332667.jpg
 陰の方にある小さな倉庫のような建物。古そうです。
c0112559_8335890.jpg

この石垣の奥からホテルの従業員と思われる人が出てきました。奥に何があるのか?
c0112559_8352540.jpg
 宿泊したフォレスト館(1960年築)の部屋。
by gipsypapa | 2014-03-31 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21921357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-04-04 05:08
さすが、富士屋ホテル、
ちゃんとお庭も整備されています。
宿泊者以外の人も、
お庭見学、できるのでしょうか。
でも、
やはり泊まりたいですねえ。
Commented by gipsypapa at 2014-04-04 11:22
j-garden-hirasato さん、
お庭は裏側になります。
いくつか庭に出るドアがあって
私はそこを出て
丘陵になっている庭の道を上りました。
上の端まで登ってから
菊華荘に面した道路に出ましたので、
予備知識さえあれば
逆に上から入って
ホテルの方に下るのは可能です。
とはいえ、宿泊客でなければ
勇気が要りますね。(笑)
<< カフェ・ド・モトナミ(Café... 箱根富士屋ホテル食堂棟 >>