日光市役所日光総合支所

c0112559_8515646.jpg
 日光街道沿いの高台にある日光総合支所。お城のようなこの建物は、古美術骨董商として財をなした小林庄一郎が日光を訪れる外国人観光客のホテルとして建てたもの。しかしながらホテルとして使われることはないまま、古川電工日光精銅所が所有して職員アパートになったり、戦後には進駐軍の社交場になったりしましたが、その後日光町に寄付され、1954(昭和29)から日光市役所の総合支所の庁舎として使われています。

 石垣の上に白いモルタル塗りの外壁。左右に大きな破風の2階建て部分を張り出し、中央に望楼風の天守閣のような城郭風の造りで、いわゆる帝冠様式と呼んでよいかと思われます。さらに石垣下の南側には入母屋造りの3階建ての付属棟があり、ここが玄関になっています。

 設計は小林庄一郎本人という説があり、文化遺産オンラインでは建物の名称は日光市庁舎本館となっています。国の登録有形文化財と近代化産業遺産の木造3/4階建て。

日光市役所日光総合支所
旧大名ホテル
1919(大正8)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計・施工 : 不明
日光市中鉢石町999
撮影 : 2013.10. 9
c0112559_857532.jpg
c0112559_858419.jpg
 坂を登ると左側にある玄関前に出ます。
c0112559_859080.jpg
c0112559_859926.jpg
c0112559_8591849.jpg
c0112559_8592771.jpg
  本館の方に行きたかったのですが、早朝なのでまだ玄関は開いていません。また裏からまわりこめるような通路もなさそうです。
c0112559_9058.jpg
 ホテルとして使われなかったそうですが、一応その目的で建てられたので、クラシックホテルとしておきます。
by gipsypapa | 2014-03-20 09:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21859035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-22 13:48
もともとはホテルとして建てられたものですか。
官公庁の建物らしからぬ雰囲気は、
そのためなんですね。
こういうレトロな建物を庁舎と使っている日光市、
素敵です。
Commented by gipsypapa at 2014-03-23 09:22
j-garden-hirasato さん、
さすが日光ですよね。
こんな庁舎はまずないですね。
日光はまだまだ見たかった建物があります。
ツアーでは時間的に無理でした。
陽明門の改修が終わったころ
もう一度いこうかな。
<< 日本ロマンチック街道 日光物産商会 >>