日光物産商会

c0112559_11223432.jpg
 早起きして朝食前の散歩に周辺を見て歩きました。

 日光金谷ホテルの坂を下りると日光街道に面した所に、赤い鉄板葺きの屋根が目立つ寺院のような建物があります。明治時代の建物で「日光物産商会」という土産物屋に「金谷ホテルベーカリー」と書かれたパン屋とか「匠」というカフェレストラン、蕎麦どころ神橋庵が入っています。

 日光物産商会は日光金谷ホテルの土産品店として創業し、当初は伝統工芸の日光彫や木工品、漆器等の製造・販売・輸出を手がけていたとか。1928(昭和3)年に日光金谷ホテルから独立して、株式会社日光物産商会を設立。土産物販売・飲食専業店になりました。一旦は金谷ホテルを離れましたが、その後、徐々に日光金谷ホテルで宿泊客のために焼いていたパンが評判となったため、これを外販することに決定。最初のショップをこの建物の一角にオープンし、金谷ホテルベーカリー神橋店として金谷ホテル伝統の味をさらに広める先がけとなったそうです。

 さすがに日光。東照宮を意識した寺院建築で、入母屋造りの街道に面した2階部分には高欄を廻らし、側面には上枠を火炎形にした、寺院や城郭建築によくある火灯窓・花頭窓(かとうまど)を二つ並べるなど、徹底しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

日光物産商会
1905(明治38)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
日光市上鉢石町1024
撮影 : 2013.10. 9
c0112559_11244516.jpg
c0112559_1124569.jpg
 金谷ホテルの坂を下りたら右側にあります。2階の火灯窓の上に「日光食堂本店」の看板。1階には「金谷ホテルベーカリー」とあります。もちろん今も営業していますが、パン屋の店舗がどこにあるか確認できませんでした。
c0112559_11254165.jpg
 散歩に出たころは、朝早すぎて、店は閉まっていました。
c0112559_1126030.jpg
c0112559_1126967.jpg
c0112559_11261828.jpg
c0112559_11262658.jpg
c0112559_11263575.jpg
 この電話ボックスは、かつてロープウェイで使われていたゴンドラだとか。
c0112559_11274178.jpg
 散歩の帰りには土産物屋が開きました。
c0112559_11275012.jpg
  2階がレストランで普段なら中を見に行くのですが、今日はまだ早朝。まだ開いていません。残念ながら見逃しました。
c0112559_11284150.jpg
c0112559_11285041.jpg
c0112559_11285975.jpg

by gipsypapa | 2014-03-19 11:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21853872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-22 13:49
この建物は覚えています。
ゴンドラの電話ボックス、
ありましたねえ。
残念ながら、
館内には入りませんでした。
Commented by gipsypapa at 2014-03-23 09:25
j-garden-hirasato さん、
朝食前の早い時間。
店が開いたばかりで
2階に上がれなかったのが
いかにも残念です。
ネットで2階内部の写真を見ましたが
なかなかいいんですよ。
<< 日光市役所日光総合支所 日光金谷ホテル竜宮 >>