旧富岡製紙場 寄宿舎

c0112559_9132755.jpg
 ブリュナ館の南西に3棟の寄宿舎があります。ブリュナ館の西に隣接するのが榛名寮。明治期に建てられた洋風建築です。

 「建築学習資料館フォトギャラリー」というネット情報によると、「当初の工女寄宿舎老朽化に伴い新しく建てられた二代目の寄宿舎。各部屋が20畳以上の大部屋になっている。元々新築されたものではなく、2階建の古民家(養蚕農家)であった前身建物を転用したものと想定される。」とあります。木造2階建て。

旧富岡製紙場 寄宿舎 (榛名寮)
1896(明治29)年
設計・施工 : 不明
富岡市富岡1-1
撮影 : 2013.10. 8
c0112559_9161471.jpg
c0112559_9162859.jpg
 その西側にも2棟並んでいます。こちらは昭和に入って片倉製糸紡績会社(片倉工業)の時代に建てられたもの。

 これも「建築学習資料館フォトギャラリー」というネット情報から。「南側を「妙義寮」、北側を「浅間寮」と称した。北に廊下が付く片廊下式で、部屋は一室15畳で、部屋数は1棟16部屋計32部屋である。各棟2階東端に娯楽室が設けられている。戦時中の事情からか材料はあまり品位の良いものではなく、また布基礎はセメント分が少ないコンクリートを使用しており不同沈下が著しい。早急の手当てが必要である。」木造2階建て。

旧富岡製紙場 寄宿舎(浅間寮,妙義寮)
旧片倉製糸紡績会社 (浅間寮,妙義寮)
1940(昭和15)年
設計・施工 : 不明
富岡市富岡1-1
撮影 : 2013.10. 8
c0112559_916583.jpg
 妙義寮。
c0112559_919044.jpg
 奥が浅間寮です。
by gipsypapa | 2014-03-08 09:19 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21792386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakajimaakira1948 at 2014-03-08 21:14
gipsypapa さん、こんばんは!
きのうの十三の火事で 「のんのん」も 「十三トリス」も 焼けてしまいましたねぇ。

富岡製紙場の寄宿舎も 燃えやすそうですね。

Commented by j-garden-hirasato at 2014-03-09 08:07
この宿舎、
すごく気になったのですが、
柵で近づけなかったので、
遠くからしか撮れませんでした。
もう少し近くまで、
寄らせてくれると嬉しいんですが。
Commented by gipsypapa at 2014-03-09 08:46
nakajimaakira1948 さん、
十三の火事はニュースや新聞で見ました。
びっくりしました。
あの路地の一角は
火が出たら止めようがないっすね。
また行きたかったのに・・・(涙)
Commented by gipsypapa at 2014-03-09 08:48
j-garden-hirasato さん、
全く変化はありません。(笑)
ロープの柵で近づけませんでした。
これらの建物は老朽化しているので、
中を見せろとは言いませんが(笑)
柵をもっと近くに張ってほしいです。
<< 大阪十三のションベン横丁 旧富岡製糸場 診療所・病室 >>