旧函館信用金庫本店

c0112559_9483066.jpg
 伊藤商事株式会社と塩瀬菓子舗の市電通りを挟んだ筋向いにある銀行建築。もとは富山の第十二銀行(のちの北陸銀行)の函館支店として、大正末期に建てられたもの。その後、函館信用金庫が本店として使用しましたが、本店が移転したため空家になっています。

 濃いあずき色のタイル貼りの外壁に、腰部や玄関周りに白い石貼りを使った地味な外観です。よく見ると細部に目立たない装飾もありセセッションの香りが漂う、優れた設計といえましょう。屋上側面にあるロゴの跡のような不思議な装飾は何でしょうか。

 設計は宮内省内匠寮技師を経て、後に木子建築事務所を設立。皇室関係の建築を多く手がけたことで知られる木子幸三郎(きご こうさぶろう1874 -1941)。木子七郎の兄で、父の木子清敬も平安神宮や富士屋ホテル菊華荘の設計を行った建築家です。幸三郎の作品は旧竹田宮邸洋館(現グランドプリンスホテル高輪貴賓館旧小樽区公会堂(現小樽市公会堂)、富士屋ホテル食堂、駐日ローマ法王庁(旧鈴木忠治邸)、東京本願寺(東本願寺東京本院)などがあります。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

旧函館信用金庫本店
元第十二銀行函館支店
1927(昭和2)年ころ
設計 : 木子幸三郎(木子建築事務所)
施工 : 不明
函館市豊川町15‐20
撮影 : 2013.8.29
c0112559_9512054.jpg
c0112559_9513034.jpg
c0112559_9514053.jpg
c0112559_951497.jpg
c0112559_9515854.jpg
c0112559_952810.jpg

by gipsypapa | 2014-02-14 09:52 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21665758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-02-17 06:04
空いたままになっているんですか。
十分有効利用ができそうな建物ですが、
もったいないですね。
場所があまりよくないのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2014-02-17 10:16
j-garden-hirasato さん、
再利用しても不思議ではありませんね。
十字街という市電の路線が分岐する
中心地に近くなのですが、
この一角は観光客も少ないようです。
ちょっとしたデッドスペースなのかもしれません。
<< 豊川町会館(豊川稲荷神社社務所) 函館龍谷幼稚園 >>