千秋庵総本家

c0112559_13593632.jpg
 宝来町の電停近く、電車通りと高田屋通りの交差点に古い店舗と蔵があります。1860(万延元)年創業の老舗和菓子店で、北海道では有名だそうです。スキーをはいた熊の浮き彫りで知られるという洋風せんべい「元祖山親爺」や「どら焼き」が名物みたいです。

 町屋風の店舗の隣に蔵があり、いずれもなまこ壁がいかにも古そうですが、築年は分かりませんでした。創業の江戸末期にしては新しいようにも見えます。木造2階建て。

千秋庵総本家
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
函館市宝来町9-9
撮影 : 2013.8.29
c0112559_14119.jpg
c0112559_1413347.jpg
c0112559_1414627.jpg
c0112559_141585.jpg
c0112559_142885.jpg
c0112559_1421669.jpg
 壁に隠れて見えにくいのですが、西側に古くてよさそうな建物が見えます。「割烹 富茂登」という看板がありました。「ふもと」と読むとか。函館山の麓にあるのでこういう名前になったのでしょう。ネット情報では、函館ドックが贔屓にしていた小鶴という料亭を買い取って使っているそうです。
c0112559_143317.jpg

by gipsypapa | 2014-02-04 14:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21606543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2014-02-04 20:09
函館に訪れると、この辺りはよく歩いていますが、
あさ利や千秋庵を撮影したという事は、殆んどありません。
こちらのお店の建築年代ですが、昭和9年の大火後と考えてほぼ間違いないと思います。
但し昭和9年の大火で、建物本体は焼けて蔵だけ残ったという事例が多くあったそうで、
もしかしたら蔵はそれ以前のものかも知れません。
夏の頃は、ここの坂は最高ですよね。
Commented by gipsypapa at 2014-02-05 10:24
sy-f_ha-ys さん、
確かにそちらのブログでは
和風建築が取り上げられているのはあまり見かけませんね。
私もそれらを追いかけるときりがないので
普通は撮らないのです。
ただ店舗や旅館などに興味深いものがあります。
特にあさ利の方は、
過度の看板建築を無視すれば(笑)
なかなかのものでした、
最近はクラシックホテルはほぼ見てしまったので
和風旅館を追いかけています。
ただし今のところはネット上だけですが・・・
築年についてはおっしゃる通りかと。
格子向こうはガラス窓ばかりだし。
函館大火を失念していました。
データを修正します。
<< 函館市地域交流まちづくりセンター 阿さ利本店 >>