鏡ヶ丘記念館

c0112559_9555316.jpg
 青森県最古の木造校舎。青森県立弘前高等学校敷地内にある『鏡ヶ丘記念館』は、明治中期に青森県尋常中学校の校舎として建てられた木造2階建ての洋風校舎の一部です。

 切妻造り鉄板葺の屋根に、外壁はこげ茶色の下見板りで、窓回り見切縁は赤茶色の縦長窓の上げ下げ窓を狭い間隔に並べています。窓の形から見て天井が高く、明るい教室のようです。

 設計は堀江佐吉門下で旧制弘前高校外国人教師館を請け負った川元重次郎です。青森県重宝の木造2階建て。

鏡ヶ丘記念館
旧青森県尋常中学校校舎
1894(明治27)年
青森県重宝
設計 : 川元重次郎
施工 : 川元組
弘前市新寺町1-1
撮影 : 2013.8. 28
c0112559_957978.jpg
c0112559_957215.jpg
c0112559_9573552.jpg
c0112559_9574586.jpg
c0112559_9575650.jpg
c0112559_95877.jpg
c0112559_9581629.jpg
c0112559_9582784.jpg
c0112559_958369.jpg
c0112559_9584739.jpg
 これで弘前とはお別れ。JRで青函トンネルを通って函館へ向かいます。
by gipsypapa | 2014-01-23 09:59 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21532728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 太宰治記念館「斜陽館」 太宰治まなびの家 >>