旧制弘前高等学校外国人教師館

c0112559_10242931.jpg
 これ外国人教師の住宅として建てられた洋館。元は弘前市富田に2棟ひと組、いわゆるダブルハウス方式で建てられ、2004(平成16)年に1棟だけが、ここ弘前大学敷地内に移築復元されました。その後も教職員宿舎として使用されましたが、今は役目を終え、弘前大学のシンボルとして一般公開されています。

 煉瓦積の基礎に1階には下見板張りの壁に両開き窓、2階はモルタル仕上げの壁に上げ下げ窓を並べる変化に富んだ外観。屋根は赤い矩折れの半切妻造りで,正面玄関上に鋭角の切妻壁を見せ、煉瓦積の煙突を立てるなど、当時の洋風建築の要素を取り入れた大正ロマンを感じさせる優れた建物です。

 なお正面ファサードが左右非対称なのは、当初は右側にもう1棟建っていたから。

設計は堀江佐吉の門下のひとりで、旧制青森県尋常中学校校舎(現弘前高等学校鏡ヶ丘記念館)や田中忠五郎と共同で請け負った弘前高等学校の校舎を手がけた川元重次郎。国の登録有形文化財の木造2階建て。

旧制弘前高等学校外国人教師館
1925(大正14)年
登録有形文化財
設計 : 川元重次郎
施工 : 堀江組か?
弘前市文京町1
撮影 : 2013.8.28
c0112559_10255913.jpg
c0112559_10261768.jpg
c0112559_10262873.jpg
c0112559_10263897.jpg
c0112559_10264852.jpg
c0112559_10265719.jpg
c0112559_1027799.jpg
c0112559_10271732.jpg
c0112559_10272630.jpg
c0112559_10273571.jpg
c0112559_10274449.jpg
c0112559_10275215.jpg
c0112559_1028180.jpg
c0112559_10281250.jpg
 ちなみにここは自由に出入りできます。キャンパスの北東の隅にあるので、その近くの門(1枚目の写真)から入れば便利です。そうでなくともキャンパス内を通過していくのもOK。

 弘前市には何故か外国人教師の住宅が3棟も残っており、名称が似ていてややこしい。(笑)今回が外国人教師住宅の最後になりますので、整理しておきます。

旧東奥義塾外人教師館 1901(明治34)年 メソジスト伝導本部/堀江佐吉
弘前学院外人宣教師館 1906(明治39)年 櫻庭駒五郎
そして最後がここ、
旧制弘前高等学校外国人教師館 1925(大正14)年 川元重次郎
by gipsypapa | 2014-01-18 10:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21500420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-20 06:59
「教職員宿舎として使用され…」
こんな建物に住めたら、
楽しいでしょうね。
公開のために、
止めたのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2014-01-20 10:05
j-garden-hirasato さん、
こじんまりしていますが
住みやすそうな洋館です。
いつまで職員宿舎だったんでしょうね。
贅沢をいえば
もう1棟も一緒に残して欲しかったなあ。
左右非対称のせいで
チョット不安定に見えます。
<< 弘前銘醸煉瓦倉庫 弘前学院外人宣教師館 >>