日本聖公会 弘前昇天教会教会堂

c0112559_8484417.jpg
 市街地の一角に煉瓦造りの教会があります。イギリス国教会の伝統を引きつぐプロテスタント系の日本聖公会の教会です。日本では立教大学が有名でしょう。

 イギリス積みの赤煉瓦と亜鉛鉄板葺きの屋根が特徴のゴシック風教会堂で、窓の開口部回りは石材を用いています。正面ファサードは教会としては珍しく、左右非対称で。正面右寄りには背の高い鐘塔が配置され、やや左側にずれた位置に入口があります。鐘塔も一風変わった形状で、薄い壁を立ち上げて開口部に鐘を納める、日本ではあまり見たことがないデザインです。c0112559_9121100.jpg

 この種の煉瓦造りの教会堂は中に入って光の入り方を見ないとすべての魅力を知ることができないのですが、残念ながら、この日は平日で閉まっていました。→ はWikipediaにあった写真を借用しました。

 設計は立教学校(後の立教大学)校長を退任したあと、建築家として日本各地の聖公会教会堂を設計していたアメリカ人建築家ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー(James McDonald Gardiner、1857 - 1925)が手がけ、施工はクリスチャン大工の林緑。J.M. ガーディナーはこのブログでも京都聖ヨハネ教会教会堂聖アグネス教会福島ステパノ教会外交官の家長楽館函館遺愛学院本館遺愛学院旧宣教師館を紹介しています。青森県重宝の煉瓦造平屋建て。

日本聖公会 弘前昇天教会教会堂
1920(大正9)年
青森県重宝
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 林 緑
弘前市山道町7
撮影 : 2013.8.27 & 28
c0112559_914939.jpg
c0112559_92296.jpg
c0112559_921164.jpg
c0112559_922262.jpg
c0112559_923458.jpg
c0112559_924316.jpg
c0112559_925338.jpg
c0112559_93383.jpg
c0112559_931273.jpg

by gipsypapa | 2014-01-13 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21461061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-13 22:06
こういうスタイルの教会は、
珍しいのでしょうか。
自分は初見です。
鐘があるところだけ壁。
横から見ると、
あまりカッコいいとは思えませんけど。
Commented by gipsypapa at 2014-01-14 10:12
j-garden-hirasato さん、
私も見たことはありません。
しいていえば
うん10年前にマカオに行ったときに
壁1枚のレンガ造り教会を見ました。
とはいえそれは正面の壁だけ残り
後ろ側は壊れてしまったのでした。
<< 弘前市の吉岡歯科医院 一戸時計店 >>