弘前市の開雲堂

c0112559_119948.jpg
c0112559_1194988.jpg 繁華街にある看板建築。こちらも老舗和菓子店です。2階部分は左右に3連の縦長窓。外壁には銅板を貼っています。

 看板の左右に卍のマークが見えますが、卍は津軽藩の旗印で市章にもなっていて、卍最中がこの店の名物だそうです。残念ながらこの日は定休日でした。弘前市趣のある建物の木造2階建て。

開雲堂
1928(昭和3)年
弘前市趣のある建物
設計・施工 : 不明
弘前市土手町83
撮影 : 2013.8. 27


c0112559_1110756.jpg
c0112559_11101666.jpg
c0112559_11102630.jpg

by gipsypapa | 2014-01-10 11:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21440324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2014-01-11 06:13
お店の中の様子も気になります。
シャッターが閉まっているのが、
残念!
意外と洋風だったりして(笑)。
Commented by gipsypapa at 2014-01-11 11:21
j-garden-hirasato さん、
ははは、そうかもしれません。
週1日の定休日だったようです。
卍最中も見たかったです。
<< 一戸時計店 弘前市の笹の舎 >>