弘前市の翠明荘洋館

c0112559_1575374.jpg
 弘前公園の東側を北上すると広大なお屋敷があります。津軽銀行頭取等をつとめた実業家の高谷家が別邸として建てたものです。1895(明治28)年の建築といわれる和館、奥座敷、四阿や土蔵などがある大邸宅の東北の端に、昭和初期に建てられた洋館があります。

 1962(昭和37)年に高谷家から所有者が変わって、旅館「翠明荘」となったあと1990(平成2)年から奥膳懐石「翠明荘」として結婚式場などにも利用されています。c0112559_15141819.jpg

 洋館は寄棟造銅板葺の屋根に淡い褐色スクラッチタイル貼りの外壁。幾何学的な直線に円窓や縦長窓を不規則に配した変化に富んだ意匠はフランク・ロイド・ライトを想起させられました。コンクリート造りに見えますが、実は木造です。

 設計施工は堀江組が担当し、棟梁を堀江佐吉の九男弥助が務めたそうです。堀江一家の洋風建築のセンスと技は驚くべきものがあります。国の登録有形文化財の木造2階建て。

翠明荘洋館
旧高谷家別邸
登録有形文化財
1934(昭和9)年
設計 : 堀江弥助(堀江組)
施工 : 堀江組
弘前市元寺町69
撮影 : 2013.8.27
c0112559_15144641.jpg
 翠明荘のHPから借用しました。洋館は右側の建物です。
c0112559_15154465.jpg
c0112559_15155822.jpg
c0112559_15161022.jpg
c0112559_15162298.jpg
c0112559_15163389.jpg
c0112559_15164579.jpg
c0112559_15165629.jpg
c0112559_1517690.jpg
c0112559_15171625.jpg
c0112559_15172797.jpg
 和風建築が並ぶ敷地の南側。相当奥行きが深いです。

 敷地には日本庭園があり、日本館、奥座敷、土蔵、四阿など門を含めて、すべて国の登録有形文化財になっています。翠明荘は和館も素晴らしく、洋館を含めて内部にも見どころが多いようです。素晴らしい室内の写真はHPをご覧下さい。まさに旧帝国ホテル「ライト館」の建築様式を模したシノワという部屋があり、一見の価値があります。
by gipsypapa | 2013-12-31 15:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21338232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 弘前市の石場旅館 日本基督教団弘前教会堂 >>