弘前市の正進会館

c0112559_811641.jpg
 茂森会館消防西第一分団の隣にある明治時代に歩兵第三十一連隊の将校集会所として建てられた小さな玄関ポーチがある建物。白い外壁にライトブルーの鉄板葺きの屋根と木製窓枠の上げ下げ窓の色の対比が美しい。やや傷みが目立ちますが、明治を感じる建物です。

 外から見た限りでは、内部はホールになっていると思われます。空手道場だったようですが、移転して空き家になったようです。弘前市趣のある建物に指定された、木造平屋建て。

正進会館
旧歩兵第三十一連隊将校集会所
明治期
弘前市趣のある建物
設計・施工 : 不明
弘前市茂森町182-2 3
撮影 : 2013.8.27
c0112559_811517.jpg
c0112559_812491.jpg
c0112559_8121848.jpg
c0112559_8123024.jpg
c0112559_8123972.jpg
c0112559_8124894.jpg

by gipsypapa | 2013-12-20 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21194713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-22 12:30
屋根の浪打ち具合から、
建物の傷み具合が分かります。
保存するなら、
何らか手を入れた方がいいと思いますが、
こういう修復って、
費用がかかりますから…。
Commented by gipsypapa at 2013-12-22 16:45
j-garden-hirasato さん、
最近まで空手道場だったわけですから
建物としてはそれなりに強度もあるのでしょう。
ただ外壁とかが傷んでいます。
これを補修しようという
篤志家はいないでしょうねぇ。
<< 弘前市の旧くどう歯科 弘前の茂森会館消防西第一分団 >>