弘前の旧藤田家別邸洋館

c0112559_12192067.jpg
 弘前市長公舎を西に進むと藤田記念庭園があります。弘前出身の実業家で日本商工会議所の初代会頭や貴族院議員を務めた藤田謙一(1873~1946)の別邸だったところです。

 見どころは洋館で、モルタル塗りの外壁に赤いとんがり屋根を持つ八角形の搭屋やレンガ造りの煙突が目につきます。玄関上まで葺き下ろしたドーマー窓付の大きな反り屋根と,切妻造部分をL字型に組み合わせるなど変化に富み、意匠を凝らしたモダンな洋館です。

 設計はこのシリーズで頻繁に出てくる棟梁・堀江佐吉の六男の堀江金蔵で、施工は同じく長男の堀江彦三郎だそうです。国の登録有形文化財の木造2階建て。

旧藤田家別邸洋館
旧藤田謙一邸
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計 : 堀江金蔵
施工 : 堀江彦三郎(堀江組)
弘前市上白銀町8-
撮影 : 2013.8.27
c0112559_12213994.jpg
c0112559_12214999.jpg
c0112559_12215961.jpg
c0112559_122294.jpg
c0112559_12222049.jpg
c0112559_12223075.jpg
c0112559_12224012.jpg
c0112559_12225030.jpg
c0112559_1223067.jpg
c0112559_12231035.jpg
c0112559_122318100.jpg
c0112559_12232812.jpg
c0112559_12233716.jpg
c0112559_12234897.jpg
c0112559_12235859.jpg
c0112559_1224896.jpg
c0112559_12241945.jpg
c0112559_12243151.jpg
c0112559_12244245.jpg
c0112559_12245388.jpg
藤田記念庭園には他にも国の登録有形文化財があります。
旧藤田家別邸和館
c0112559_12261293.jpg
 寄棟造の母屋妻面に入母屋造び車寄せのある玄関ポーチを持つ純和風の建物。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧藤田家別邸和館
1937(昭和12)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
弘前市上白銀町8-1
c0112559_1227215.jpg
c0112559_12273549.jpg

旧藤田家別邸倉庫(考古館)
c0112559_12291143.jpg
 藤田記念庭園正面入口の右脇にある、寄棟造り,煉瓦造イギリス積風の倉庫。現在は考古資料館(考古館)になっています。国の登録有形文化財の煉瓦造り、地上2階、地下1階建て。

旧藤田家別邸倉庫(考古館)
1921(大正10)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
弘前市上白銀町8-1
c0112559_12294477.jpg
c0112559_12295643.jpg
c0112559_1230623.jpg
c0112559_12301799.jpg
 なお和館と考古館のエリアは有料(300円)で、奥には庭園があるそうです。洋館は、中に喫茶店があるためでしょうか、無料で見学可能です。私は中を見せてもらいましたが、喫茶店には入らず。次を急いでいます。(^^;
by gipsypapa | 2013-12-17 12:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/21160233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-12-22 12:39
色使いもデザインも、
実に個性的です。
何か、魔女の館みたい(笑)。
でも、
こういう建物、個人的には好みです。
Commented by gipsypapa at 2013-12-22 16:54
j-garden-hirasato さん、
私もこういう住宅は好みです。
弘前シリーズでも
一二を争うすぐれものだと思います。
明治の典型的な洋館は
場合によってはくどく感じることがあり、
大正から昭和初期の
洋風建築がこなれてきて
洗練されてからの方が好きです。
<< 弘前の酒舗カクイ成豊 弘前市長公舎 >>