婦連総会

c0112559_9494064.jpg
 日本統治時代に陸軍士官のクラブ偕行館だった洋館。戦後は宋美齢が創設した「婦連総会」(婦女反共連合会)が使用しています。ちなみに宋美齢という人は中華民国の指導者だった蒋介石の夫人で、欧米ではMadame Chiang Kai-shekと呼ばれた女性です。

 陸軍士官のクラブといえば、日本でも主なものとして、旭川市の旧旭川偕行社(第7師団)、弘前市の旧弘前偕行社(第8師団)、金沢市の旧金沢偕行社(第9師団)、善通寺市の旧善通寺偕行社(第11師団)、豊橋市の旧豊橋偕行社(第15師団)、岡山市の旧岡山偕行社(第17師団)が残っています。また台湾には他に台南市の旧台南偕行社(台湾軍)が現存しているそうです。

 門のそばに番兵がいたので、もう少し中から写真が撮れないか聞きましたが、NOでした。市定古蹟の、多分煉瓦造り、2階建て。

婦連総会
旧台北偕行館
1912(大正元)年
市定古蹟
設計・施工 : 不明
台北市中正区長沙街1段27号
撮影 : 2013.3.22
c0112559_9505411.jpg
c0112559_951850.jpg
 敷地に入ることができなかったのでネットにある「宋美齢の台湾での秘密基地を初めて公開」というHPから写真を借用しました。ここには内部写真もあるので興味のある方はどうぞ。
by gipsypapa | 2013-11-22 09:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20992556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-11-23 06:24
創建年代に、
ちゃんと「日」と入っていますね。
台湾では、
こう表記するんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2013-11-23 08:49
j-garden-hirasato さん、
あれっ、本当ですね。
日大正元年(1912)ですね。
台湾古跡一覧に「1915?」とあったので
その年にしていました。
修正しときます。
なお年号表示については
翌日、台湾大学の校史館で
建物の年号に昭和xx年とありました。
当時は日本の年号をそのまま使っていて、
今も古い年代を表す時に
それを使ってくれているようです。
<< 台湾銀行国際部 国史館:総統副総統文物館 >>