総統府

c0112559_11163783.jpg
 最も有名な建物かもしれません。日本統治50年間で建築された最大の建築物で、当時のシンボルとして雑誌などに取り上げられることが多い庁舎建築です。

 行政の中央官庁にふさわしく、高さが60mある中央塔を中心とした左右対称の重厚な外観。中央と両端に玄関を置き、左右の張り出しにはペディメントの付いた軒があります。外壁は赤煉瓦を基調とし、開口部の周りに白い御影石を配する設計は、いわゆる「辰野式」といえます。中央塔には台湾で初めてエレベーターが設置されているとか。

 設計はコンペで選ばれた長野宇平治の案を元に、台湾総督府営繕課の森山松之助が実施設計を担当し、課長の野村一郎が監修したそうです。しかし原案である長野の作品は中央塔が低く、外観の装飾が簡素すぎため、コンペの主催者である総督府がその設計を不満でとし、森山松之助らが大幅な修正を加えて現在の形になったと言われています。

 個人的には左右対称とは言え、中央塔が高すぎて不安定な印象を受け、違和感を感じるのは、私だけでしょうか。国定史蹟の鉄筋コンクリート造り、煉瓦,石張りの5階建て、塔屋付き。

総統府
旧台湾総督府
1919(大正8)年
国定史蹟
設計 : 長野宇平治、野村一郎、森山松之助
施工 : 不明
台北市中正区重慶南路一段122號
撮影 : 2013.3.22
c0112559_11172719.jpg
c0112559_11173741.jpg
c0112559_11174797.jpg
 正面側は警備が厳しく、写真が撮れません。遠景か左右離れてからでないとだめでした。
c0112559_11185234.jpg
 「日」の字をした建物。裏側からは問題なく撮れます。
c0112559_1120318.jpg
c0112559_1120475.jpg
c0112559_11205723.jpg

c0112559_11224188.jpg
c0112559_11232638.jpg この近くに行ったのは午後になってからですが、前の道路から正面を撮影できません。というか、両端から中央にかけて銃を持った衛兵が数人立っていて、写真を撮らせてくれません。従って、左右は少し離れて、正面から撮ったアングルはかなり後方から望遠で撮ったものです。

 ただ、ここも毎週金曜日の午前中だけ(9:00-12:00)1階の一部を一般公開しているそうです。多分、正面ではなく裏から建物に入ると思います。この時は知らなかったこともあり、ほかで時間をくい過ぎて間に合いませんでした。中は見たかったです。

 → はHPから拝借した内部写真。
by gipsypapa | 2013-11-14 11:25 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20937818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-11-18 22:37
確かに、
塔屋部分がニョキッと高く、
あまりバランスがいいとは思えませんね。
でも、
主催者の意向であれば、
致し方ないことですね。
Commented by gipsypapa at 2013-11-19 11:55
j-garden-hirasato さん、
そうでしょう?
なんとなく落ち着かないです。
ただ国定史蹟になっている
代表的な建物なのです。
<< 司法院 台湾銀行 >>