二二八紀念館

c0112559_111282.jpg
 二二八和平公園にあるモダンな建物。昭和初期に台湾で日本語放送を配信した台北放送局(現在のNHK台湾支局)が使用していた建物です。現在は1947年2月28日に発生した二二八事件の犠牲者を慰霊する二二八紀念館になっています。

 外観はモダンな欧風の洋館に見えますが、赤褐色の琉球瓦や正面左に「うだつ」があるなど、華洋折衷(こういう言葉はないかも)の面白い意匠です。また内部は展示用にかなり手を加えられていますが、ロビーのステンドグラスや床タイルなどは建築当時のままに、レトロな雰囲気を残しています。設計は東京帝国大学工学部建築学科を卒業して台湾総督府営繕課技師を歴任した栗山俊一。鉄筋コンクリート造り2階建て。

二二八紀念館
旧台北放送局
1931(昭和6)年
設計 : 栗山俊一
施工 : 不明
台北市凱達格蘭大道3号
撮影 : 2013.3.22
c0112559_1114715.jpg
c0112559_1115721.jpg
c0112559_112821.jpg
c0112559_1121725.jpg
c0112559_1122636.jpg
c0112559_1123559.jpg
c0112559_1124623.jpg
c0112559_1125615.jpg
c0112559_11386.jpg
c0112559_1131728.jpg
c0112559_1132867.jpg
c0112559_1133783.jpg
c0112559_1134631.jpg
c0112559_1135693.jpg
c0112559_114699.jpg
c0112559_1142012.jpg
 二・二八事件について。
 何の予備知識もなかったので、「二・二八事件」というのは反日運動だったかもと思い、なんとなく入りにくかったのですが、展示を見てそのようなものでないことがわかり安心。

Wikipediaから
 二・二八事件(にいにいはちじけん)は、1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と外省人(在台中国人)との大規模な抗争。約40年後、戒厳令の終了と政府側の遺族への謝罪によりようやく終結した。
by gipsypapa | 2013-11-08 11:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20918558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-11-08 21:01
この卯だつは、
完全に意匠ですね。
これでは、火災予防には役立たないでしょう。
Commented by gipsypapa at 2013-11-10 13:09
j-garden-hirasato さん、
おっしゃる通りですね。
もともとうだつは
木造建築に付けるものなので
鉄筋コンクリートには要らないし、
ご指摘のとおり付いている場所も
意味がないですよね。
<< 国立台湾博物館 台湾大学医学院附設医院旧館 >>