高槻市立歴史民俗資料館

c0112559_11331224.jpg
 高槻の城跡公園にある白壁と瓦葺きの歴史民俗資料館。江戸時代中頃に高槻城下の紺屋町に建てられていた商家を移築復元したものです。緩やかな傾斜の屋根と丸瓦が特徴。昔の農機具や生活用具などの民俗文化財を展示しています。高槻市有形文化財の木造平屋建て。

高槻市立歴史民俗資料館
旧笹井家住宅
築年 : 江戸時代中期
高槻市有形文化財
設計・施工 : 不明
高槻市城内町3-10 城跡公園内
撮影 : 2012.1.3
c0112559_11334787.jpg
c0112559_11335718.jpg
c0112559_11341157.jpg
c0112559_11342267.jpg
c0112559_11343424.jpg
c0112559_11344680.jpg

by gipsypapa | 2013-10-29 11:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20886044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-10-30 08:38
日本の商家も
地域ごとに特徴がありますね。
こういう屋根は、
長野では見かけません。
Commented by gipsypapa at 2013-10-30 11:14
j-garden-hirasato さん、
大阪でもあまり見かけない形かもしれません。
先日も高槻市内を散策しました。
概して屋根の勾配は緩やかです。
そのへんは雪国とは違うかもしれません。
<< 台湾旅行 旧工兵第四聯隊兵営跡 正門門柱... >>