旧工兵第四聯隊兵営跡 正門門柱・歩哨舎

c0112559_1093234.jpg
 高槻市の高槻公園に明治時代の遺構があります。明治から昭和20年までこの地にあった工兵第四聯隊(れんたい)跡です。市民の平和を祈るモニュメントとして残されているものです。

 正門門柱と門扉があり、横に円形の窓があるコンクリート製の歩哨舎が立っています。門は当時のものと思いますが、歩哨舎はコンクリート造りなので、時代的にまだ一般的ではありません。後に建てられた可能性があります。

旧工兵第四聯隊兵営跡 正門門柱・歩哨舎
1909(明治42)年
設計・施工 : 不明
高槻市城内町3-10
撮影 : 2012.1.3
c0112559_10102196.jpg
c0112559_10103164.jpg
c0112559_10104379.jpg
c0112559_10105438.jpg
c0112559_1011557.jpg
c0112559_10111575.jpg
c0112559_10112551.jpg
c0112559_10113513.jpg
c0112559_10114585.jpg
c0112559_10115530.jpg

by gipsypapa | 2013-10-28 10:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20882362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-10-30 08:43
円筒ポストみたいですね。
当時、
こういう円筒形が流行だったのでしょうか。
この中に、
守衛のイカつい兵隊さんが入っていたかと思うと、
何か笑えます。
Commented by gipsypapa at 2013-10-30 11:18
j-garden-hirasato さん、
以前、網走監獄や明治村で紹介した哨舎は立派でしたが、
これはかなり貧弱です。(笑)
背丈も低いような。
それにしても壊れずによく残っていました。
<< 高槻市立歴史民俗資料館 鯛よし百番 >>