鯛よし百番

c0112559_8344138.jpg
 予てより行きたかったところです。ある宴会があってやっと念願がかないました。飛田新地にある大正時代の妓楼が鯛よし百番という料理店として営業しています。飛田新地創設当時からの貴重な建築で、当時は廓百番と同じ意匠の遊郭建築が整然と並んでいたとか。ちなみにここは予約が必要です。↑ のリンクを見てください。

 建物は入母屋造,桟瓦葺の純和風建築で、2階に擬宝珠高欄を巡らしています。角を隅切りとしてファサードとし、唐破風の玄関を配しています。

 見所は内部で、小さな中庭をロの字で囲み多数の小部屋に区切ていて、当時の遊郭・料亭独特の間取りになっています。2階に上がる階段が数箇所あるのは、客同士が鉢合わせしないように配慮されたためだそうです。

 内装は日光東照宮の陽明門を模すなど、各部屋毎に異なる趣向を凝らした襖絵や天井画,手の込んだ欄間の彫刻など強烈な意匠がふんだんに配置され、当時の大阪歓楽街の賑いと庶民の嗜好を色濃く伝えています。複数の宮大工に腕を競わせて建築された国の登録有形文化財の木造2階建て。

鯛よし百番
旧廓百番(妓楼)
1918(大正7)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪市西成区山王3-5-25
撮影 : 2013.9.27
c0112559_8354432.jpg
c0112559_8355717.jpg
c0112559_836785.jpg
c0112559_8363160.jpg
c0112559_8392122.jpg
 玄関から入り、靴を脱ぐ前にある縁台。ここに芸妓たちが並んでいたのではないでしょうか。
c0112559_8364485.jpg
 小さな中庭があり・・
c0112559_8412284.jpg
 この太鼓橋を渡って奥へ。
c0112559_8415095.jpg
 階段のひとつ。
c0112559_842273.jpg
c0112559_8423821.jpg
 中庭手前にある陽明門のある部屋。日光東照宮を模した彫刻や襖絵、天井画がすごい。待合室のようです。以下はその部屋の内部。
c0112559_8451479.jpg
c0112559_8452517.jpg
c0112559_8453458.jpg
c0112559_8454328.jpg
c0112559_8455257.jpg
c0112559_846219.jpg
c0112559_8461338.jpg
c0112559_8463522.jpg
c0112559_8464823.jpg
c0112559_847596.jpg
 
c0112559_8473598.jpg
 清浄殿。トイレです。
c0112559_848283.jpg
c0112559_8513918.jpg
c0112559_8515119.jpg
c0112559_852575.jpg
c0112559_8522578.jpg
 私たちが使った鳳凰の間の襖絵や欄間の彫刻。襖はかなり傷んだままで放置されています。絵が修復不可能なのでしょう。
c0112559_8524464.jpg
 こちらは廊下の壁画と・・
c0112559_8533045.jpg
 天井画。
c0112559_8541432.jpg
c0112559_8542622.jpg
 夜しか撮れなかったのでWikipediaにあった昼間の写真を借用します。

 ちなみに松島新地を既に紹介しましたが、飛田新地は大阪最大の遊郭で今も現役です。ひと回りしましたが、現在にもこういう場所があるのかと驚きます。場所柄から松島新地と同様に街並みは撮影禁止になっています。というかカメラを持っていると、いろいろな店先から「兄ちゃん、写真はアカンよ。」と言われるのです。しかしどんな雰囲気か興味があるでしょう。(笑)ということでyoutube にいくつか動画がありますので、見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=KKQOamvpyYQ
http://www.youtube.com/watch?v=pSdmXIeFmUc
c0112559_8553044.jpg
 これもWikipedia から借用した昼間の飛田新地の一角。
by gipsypapa | 2013-10-25 09:00 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20872566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-10-26 21:20
おー、
ここは知っていました。
写真がダメ、というのも聞いたことがあります。
今回は、
潜入取材みたいで、
おもしろかったです。
少しくらい壁が破れていても、
全然気にならないんですね。
自分とは全く別世界。
新鮮な刺激がありました。
Commented by nanasi at 2013-10-27 23:32 x
襖は当時のままなのでしょうか・・・。
Commented by gipsypapa at 2013-10-28 10:06
j-garden-hirasato さん、
私もだいぶ前から行きたかったのですが
人数が揃わなかったり
人気が高く
都合のいい日に予約できなかったりして
行けてませんでした。
楽しかったです。
ちなみに撮影禁止は町並みで、
ここはまっとうな料理店ですので(笑)、
撮影は内外とも問題ありません。
Commented by gipsypapa at 2013-10-28 10:06
nanasi さん、
はい、そう見えました。
<< 旧工兵第四聯隊兵営跡 正門門柱... 南海電鉄諏訪ノ森西駅舎 >>