南海電鉄諏訪ノ森西駅舎

c0112559_8514071.jpg
 蛸地蔵駅高師浜駅と同じく、南海電鉄の大正時代に建てられた一連のレトロな駅舎の一つ。建物は通り抜けの改札部分と事務室になっています。全体としてアーチ状になる小窓を並べ、浜寺から淡路島に向かう海岸の風景を描いたステンドグラスをはめ込んでいます。

 また縦長窓やガラスブロックの明かり採りなど、小さいながら各所に特色あるデザインがちりばめられていて、見るべきものがあります。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

南海電鉄諏訪ノ森西駅舎
1919(大正8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
堺市西区浜寺諏訪森町西2-78
撮影 : 2013.2.10
c0112559_8541754.jpg
c0112559_8542990.jpg
c0112559_8543976.jpg
c0112559_8545084.jpg
c0112559_855858.jpg
c0112559_8551869.jpg
c0112559_8552950.jpg
 この駅は上りと下りのプラットフォームがかなり離れていて、このレトロな駅舎は上りホームにしかありませんのでご注意ください。

 諏訪ノ森は他にも見たい建物がいくつかありましたが、ここで下車したのは既に夕刻。ヴォーリズの富久邸を詳しく見たこともあり、時間切れになってしまいました。
by gipsypapa | 2013-10-24 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20869234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-10-26 21:23
大正期の駅ですか。
とてもSFチックなデザインですね。
昨今の駅では、
こんなユニークなデザインの駅は、
生まれないでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2013-10-28 10:01
j-garden-hirasato さん、
こういういい雰囲気の駅が残ってるのはうれしいです。
しかし聞くところによれば
この駅と辰野金吾の浜寺公園駅は
解体されることに決まっているそうです。
何かの形で残して欲しいものです。
<< 鯛よし百番 浜寺聖書教会 >>