旧日本綿花実業横浜支店(ZAIM)

c0112559_14591191.jpg
 綿花や生糸の直輸入をする日本綿花実業(現 双日)の横浜支店として建てられたビル。戦後に関東財務局横浜財務事務所が使用していたため、ZAIM(ザイム)とうい名前で、文化芸術創造の場所として使用されていましたが、建物の老朽化のため、2010(平成22)年3月末に閉鎖され今は空き家になっています。

 褐色のタイル貼りに縦長窓が規則的に並ぶ典型的なオフィスビル。綿業会館旧大阪商船神戸支店(現商船三井ビルディング)旧大阪ビルジング旧館(解体)岸和田市立自泉会館旧神戸証券取引所(現神戸朝日ビルディング)旧乾邸旧和泉銀行本店(現C.T.L. BANK)など様式主義を用いた濃密な作品が多い渡辺 節(わたなべ せつ1884 - 1967)にしては、玄関周りと最頂部のロンバルディアバンドに古典様式主義が垣間見える程度で、比較的自己主張の少ない意匠です。c0112559_1533230.jpg

 なお、東側に隣接するネットがかかった背の低いビルは、同時に建設された同支店の倉庫で、かつては神奈川労働基準局などに使用されていたものです。2棟ともに鉄筋コンクリート造り、4階建て。

ZAIM
旧日本綿花実業横浜支店
1928(昭和3)年
設計 : 渡辺節
施工 : 佐伯組
横浜市中区日本大通34
撮影 : 2012.12.9
c0112559_1535330.jpg
c0112559_154540.jpg
c0112559_154151.jpg
c0112559_1542513.jpg
c0112559_1543561.jpg

by gipsypapa | 2013-10-03 15:06 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20798520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 横浜中華街 三井物産横浜ビル >>