横浜地方簡易裁判所

c0112559_10111058.jpg
 関内地区の日本大通に面して建つ官庁建築。老朽化により改修工事が行なわれ2001(平成13)年に完工。ファサード保存の一種ですが、大通りに面した正面中央は従来の4階建てのままとして建設当時の面影を残し、後方に鉄筋コンクリート13階建高層棟が増築されました。ある意味、理想的な保存方法といえます。

 庁建築らしい左右対称の建物で、スクラッチタイル貼りの外壁は昭和初期の特徴。車寄せのある大きな玄関ポーチは花崗岩の石貼りで、裁判所にふさわしい重厚で威厳のある意匠となっています。横浜市認定歴史的建造物の鉄筋コンクリート造り、3階、中央部4階建て。

横浜地方簡易裁判所
旧横浜地方裁判所
1930(昭和5)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 大蔵省営繕管財局(小野武雄+保岡豊)
施工 : 大倉土木
横浜市中区日本大通9
撮影 : 2012.12.9
c0112559_10115889.jpg
c0112559_10121263.jpg
c0112559_10122524.jpg
c0112559_10123849.jpg

by gipsypapa | 2013-09-29 10:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20783639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-10-02 07:01
手前の街路樹が…。
せっかく保存したのだから、
正面は開けて欲しかったですね。
そんな簡単には切れないんでしょうけど。
Commented by gipsypapa at 2013-10-02 09:50
j-garden-hirasato さん、
なるほど。
気づきませんでしたが
言われたら気になりますね。
この時は12月でまだいい方ですが、
夏はもっと木の葉が茂って
見えないでしょう。
<< 横浜市情報文化センター 日本キリスト教団横浜海岸教会 >>