神奈川県庁本庁舎

c0112559_13403797.jpg
 キングの塔(神奈川県庁本庁舎)、クイーンの塔(横浜税関)、ジャックの塔(横浜市開港記念会館)は、地元では「横浜三塔」と呼ばれ、横浜港のシンボルとして長く親しまれています。まずは高さ49メートルの塔が「キングの塔」と呼ばれる神奈川県庁本庁舎から。

 スクラッチタイル貼りの外壁に、腰部や中央の玄関ポーチ、そこから立ち上がる4本の柱に石材を使用した古典的西洋風建築に、天守閣のような和風の高塔を載せたのが特徴。昭和初期に流行した帝冠様式の先駆けとなった庁舎です。

 1923年(大正12年)の関東大震災で三代目の県庁舎が大きな被害を受けたため、再建のための設計の一般公募が行われ、入選した小尾嘉郎(おび かろう1898-1974)の案を基に、耐震構造学の専門だった佐野利器(さの としかた 1880-1956)を顧問に迎え、神奈川県内務部が設計して建てられたものです。小尾嘉郎は鈴木禎次の助手として松坂屋の設計を数多く手がけたとか。国の登録有形文化財と近代化産業遺産の鉄骨鉄筋コンクリート造5階建て、地下1階、塔屋付。

神奈川県庁本庁舎
1928(昭和3)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計 : 小尾嘉郎(コンペ案)+神奈川県内務部+佐野利器(顧問)
施工 : 大林組
横浜市中区日本大通1
撮影 : 2012.12.8 & 9
c0112559_13415380.jpg
c0112559_13415459.jpg
c0112559_1342079.jpg
c0112559_13421964.jpg
c0112559_13421897.jpg
c0112559_13423496.jpg
c0112559_13425722.jpg
c0112559_1343467.jpg
c0112559_1343231.jpg
c0112559_1343478.jpg
c0112559_13431315.jpg
c0112559_13434323.jpg
c0112559_13433874.jpg
c0112559_134335100.jpg
 ジャックの塔からキングの塔が見えます。
by gipsypapa | 2013-09-17 13:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20743049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-09-20 06:44
官公庁の建物らしい
お堅い雰囲気がありますね。
でも、
横方向の細かい意匠が、
どこか愛嬌があって、
お堅い雰囲気を和らげているように思います。
Commented by gipsypapa at 2013-09-20 11:01
j-garden-hirasato さん、
庁舎建築らしい建物です。
名古屋の庁舎も似ていました。
中村與資平の静岡県庁舎とも
共通点がありますね。
<< 横浜税関本館庁舎 横浜アイランドタワー >>