四郷郷土資料館

c0112559_1671094.jpg
 四郷郷土資料館は村役場として建てられた大型の洋風建築。元貴族院議員で東洋紡績社長だった伊藤傳七翁が郷土への恩返しにと寄付した資金で建てられたものです。

 正面ファサードにはペディメントを中央に置き、大きな車寄せのある玄関ポーチがあります。この建物の特徴は何といっても特徴のある屋根を頂いた塔屋です。毎週土曜日は開館していて、私が行ったのも土曜日でしたが、残念ながら時間切れ。16:00の閉館時間を過ぎてしまいました。四日市市有形文化財の木造2階建て、塔屋は3階建て。

四郷郷土資料館
旧四郷村役場
1921(大正10)年
四日市市有形文化財
設計 : 野田新作
施工 : 不明
四日市市西日野町3375
撮影 : 2012.11.22
c0112559_1684711.jpg
c0112559_1691039.jpg
c0112559_1692096.jpg
c0112559_169308.jpg
c0112559_1694070.jpg
c0112559_1694979.jpg
c0112559_1610284.jpg
c0112559_16101265.jpg
c0112559_16102188.jpg
c0112559_1610298.jpg
c0112559_16103875.jpg


 明日25日から30日まで恒例の家族旅行で東北と函館に行きます。しばらくお休みさせて頂きます。m(__)m
なお↓の写真は四郷郷土資料館とは関係ありません。(^^);
c0112559_16191190.jpg

by gipsypapa | 2013-08-24 16:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20657824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miffitea at 2013-08-28 08:27
おはようございます。
3階建の塔屋が見事ですね。
大正時代の建物は木造とは思えないような美しさがありますね。

わぁ〜ビックリした。
(最後のお写真)
Commented by gipsypapa at 2013-08-31 14:04
miffitea さん、
四日市市の中心地から
西へかなり離れたところにあります。
村の役場としてはずいぶん立派なもので
よく今日まで残してくれたと思います。
この日は閉館時間を過ぎてしまって残念。
またライブで近くに来るときは
早めに行ってみます、
<< 四日市の田中酢店 四日市の浜松茂 >>