四日市の浜松茂

c0112559_13272367.jpg
 浜松茂(はままつも)は東洋紡績を創業した伊藤伝七(十世)の別邸を利用して、1906(明治39)年に開業した老舗の料亭です。ここに国の登録有形文化財が2棟あります。

 玄関棟は、敷地の中央前寄りに建ち、木造2階建、入母屋造及び寄棟造の屋根に桟瓦葺の建物。もう1棟はさつき棟。敷地の北西隅に建ち、木造平屋建、切妻造桟瓦葺で、十畳間と六畳間を並べて南面の庭側に縁をめぐらす建物だそうですが、入口からは見えませんでした。国の登録有形文化財の木造2階建て。

浜松茂
旧伊藤伝七別荘
1876(明治9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
四日市市高砂町6-12
撮影 : 2011.11.21
c0112559_13274588.jpg
c0112559_13275440.jpg

by gipsypapa | 2013-08-23 13:28 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20653908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 四郷郷土資料館 四日市市立 すわ公園交流館 >>