臥龍山荘 不老庵

c0112559_1332090.jpg
 緑の造形が素晴らしい庭園を進むと、一番奥にもう1棟数寄屋造りの不老庵(ふろうあん)があります。急斜面の崖に長い床柱に支えられ、崖からはみ出すように建っているのが大変ユニークな建物です。対岸の冨士山と肱川の眺望を意識した優れた建物です。

 庵は船に見立て作られており、天井は竹網代一枚張りを船底の形のような形にして張っています。対岸のから月が昇ると、月明かりが天井に反射して部屋を明るくするよう巧妙な趣向が施されているそうです。

 入口縁続きに素朴な意匠の茶室があり、お茶を頂くことができます。愛媛県有形文化財の木造茅葺き平屋建て、茶室付き。

臥龍山荘 不老庵
1901(明治34)年
大洲市指定文化財(名勝)
愛媛県有形文化財
設計 : 河内寅次郎
施工 : 中野寅雄(棟梁)・草木国太郎(大工)
大洲市大洲411-2
撮影 : 2012.10.21
c0112559_1345268.jpg
c0112559_1351026.jpg
c0112559_135977.jpg
c0112559_1352086.jpg
c0112559_1352262.jpg
c0112559_1353844.jpg
 外に出て裏に廻ると生きた槇の木を使った「捨て柱」が見えます。これは珍しい。
c0112559_1361975.jpg
c0112559_1363372.jpg
c0112559_1364280.jpg
c0112559_137627.jpg
c0112559_137515.jpg
 船底の形をした竹網代一枚張りの天井。
c0112559_1374681.jpg
c0112559_1375840.jpg
 臥龍淵を眼下に見る崖の上に懸り造りに建てられているので、脚が長いのがわかります。
c0112559_1385635.jpg

by gipsypapa | 2013-08-19 13:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20638843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-20 06:47
川を見下ろす位置にあるんですか。
最高のロケーションですね。
建物の渋さもたまりません。
Commented by gipsypapa at 2013-08-20 13:13
j-garden-hirasato さん、
すごいところに建っています。
これを計画して実現した
河内寅次郎という人は
間違いなく好き者、いわゆる数奇者ですね。
<< 名古屋の太洋ビル 臥龍山荘 知止庵 >>