臥龍山荘

c0112559_9313625.jpg
 今回、大洲を訪ねた目的の一つ、臥龍山荘(がりゅうさんそう)。大洲市内を流れる肱川流域の景勝地“臥龍淵”に臨む三千坪の山荘です。

 説明書によると「臥龍山荘」という名の由来は大洲藩3代藩主加藤泰恒が「蓬莢山が龍の臥す姿に似ている」ことから”臥龍”と命名したとあります。しかし”臥龍”といえば、有名な三国志の諸葛亮孔明のあだ名。命名の隠れた由来かもしれないと思うのは私だけでしょうか。

 現在、山荘に建つ臥龍院・不老庵・知止庵の三建築は、いずれも数寄をこらした名建築で、明治の貿易商、河内寅次郎氏が10年かけて築いたもの。

 庭園は、神戸の庭師、植徳が10年がかりで築造した路地庭園で、肱川・如法寺河原の自然の景観を生かし、蓬莱山(蓬莱島)を中心として四囲の山川を取り込んだ広大な借景庭園となっています。石積み一つとってみても変化を持たせた多様な石積み、飛び石にも銘石を使い、樹木にも数百年の老樹があり、苔類にも珍種が見られるそうです。

 臥龍山荘は、昭和31年9月に大洲の名勝として大洲市の文化財に指定され、さらに昭和60年2月に臥龍院、不老庵が愛媛県の有形文化財(建造物)に指定されました。個々の建物については次回から。

臥龍山荘
1901(明治34)年
大洲市指定文化財(名勝)
設計 : 河内寅次郎
施工 : 中野寅雄(棟梁)草木国太郎(大工)
大洲市大洲411-2
撮影 : 2012.10.21
c0112559_9343210.jpg
c0112559_9344078.jpg
c0112559_9344768.jpg
c0112559_9345939.jpg
c0112559_935874.jpg
c0112559_9351660.jpg
 山荘の入り口近くにあるのは2階建の倉庫。
c0112559_9363828.jpg
c0112559_936518.jpg
c0112559_937151.jpg
c0112559_9371194.jpg
c0112559_9372276.jpg
c0112559_9374154.jpg
c0112559_94023100.jpg
 「飛石」
 手鞠石、石臼、伽藍礎石、伊予上灘産のげんだ石とその配置の妙には魅せられるものがあります。
c0112559_9384096.jpg
 「潜龍洞(せんりゅうどう)」
 氷室。いわゆる昔の冷蔵庫です。
c0112559_9403349.jpg
 「苔」
 珍種が多くみられ京都西芳寺にも比すべきものがあります。左の「牡丹苔」は通常であれば100年余りの歳月を要しますが、ここでは湿度も高く環境が良いので60~70年余りで生育します。
c0112559_9425144.jpg
c0112559_94315.jpg
c0112559_9431473.jpg
c0112559_9432648.jpg
 「石積み」
 「乱れ積み」、「末広積み」、「流れ積み」と変化を持たせた石積みの中に生きた「チシャの木」が繁茂し、自然と人工の共存を感じさせる。次に石垣の中に埋め込まれた石臼に目をとられる。流れ積みの中に船に見立てた石があり、何かを語りかけられているようでもあります。
by gipsypapa | 2013-08-15 09:47 | | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20623799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 国内旅行でオススメの観光.. at 2015-07-06 13:10
タイトル : 世界の名建築100選にも選定された愛媛県 臥龍山荘の観光..
「臥龍山荘の観光情報を知りたいけど、情報収集は面倒くさいなぁ」というのが本音ではないでしょうか?そこで臥龍山荘を楽しむのに役立ちそうなブログを14記事集めました。探す手間も省けて時間の節約にもなりますので、チェックしてみてください。... more
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-16 07:04
ここは、初めて知りました。
なかなか見応えのある庭園ですね。
建物も庭園と一体化していて、
趣があります。
愛知方面に行く機会があったら、
要チェックです。
Commented by gipsypapa at 2013-08-16 15:19
j-garden-hirasato さん、
私も大洲に行くと決めてから
ネット情報で存在を知りました。
日本にはまだまだ知られていない
美しい庭園があるようです。
Commented by coppoumon at 2013-08-19 00:04
驚きました! 親類が大州で長年旅館をやっていたのですが、このような庭園の話は、一度も出たことがなかったです。
牡丹苔、是が非でも見学したいです。
Commented by gipsypapa at 2013-08-19 13:13
coppoumon さん、
ほお~、そういうものですか。
灯台もと暗し?
これだけの立派な明治の庭園は
お国自慢してもいいですよね。
是非一度訪ねてみて下さい。
<< 臥龍山荘 臥龍院 おおず赤煉瓦館 >>