大洲のS邸

c0112559_1259860.jpg
 肱川を渡って「おおず赤煉瓦館」へ向かう途中にある建物。元はオフィスビルだったようですが、今は個人の住宅として使われています。ベージュ色の外壁に縦長窓が並び、一部はタイル貼りになっています。玄関ポーチに立つ巨大な円柱が印象的。屋上に小さな機械室のようなものがあります。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

S邸
旧島田商店
1928(昭和3)ころ
設計・施工 : 不明
大洲市大洲28
撮影 : 2012.10.21
c0112559_12594272.jpg
c0112559_1302028.jpg
c0112559_1301245.jpg

by gipsypapa | 2013-08-07 13:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/20595312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2013-08-08 05:02
横の和風の門とのミスマッチが
おもしろいです。
オフィスビルを個人宅で使ったら、
楽しいでしょうね。
Commented by gipsypapa at 2013-08-08 13:23
j-garden-hirasato さん、
横の門をくぐって奥に進むと
何があったのでしょうね。
これだけのスケールだったら
ゆったり暮らせるでしょう。
我が家に比べると
うらやましい。
<< 大洲の内科藤本医院 大洲のK邸 >>